Menu

ランドセル製造・ブランドの特徴

池田屋ランドセルの特徴

静岡県清水市が本拠のランドセル老舗メーカー。関東・関西にも直営店を持っています。

デザインはあくまでもシンプル、オーソドックスで、刺繍の入ったモデルはありません。刺繍は防災性能や強度を低下させるし、高学年になったときのことを考えて…とのこと。

背カンは独自の「池田屋背カンするぴた」で、上下左右に動き、肩への負担を減らしています。また、外側に牛革、内側に摩擦に強い人工皮革を採用した肩ベルトと下ベルトを一体でカーブさせてフィット感を高めています。長さ調節は、ギボシを穴に差し込むタイプなので脇腹や肘に金具が当たって痛い思いをすることがなく、外見もスッキリ。

カブセの裏側に水濡れに強い人工皮革を使用するなど、素材はパーツごとに適材適所で選択。補強材などの基本構造や仕様は、全モデル同じです。

幅230mmのA4フラットファイルサイズ対応。メインポケットの奥行きは120mmと余裕があります。サブポケットのアコーディオン部分を広げれば、さらに大きくなります。収納たっぷりなのに、軽量モデルでは1000g程度、防水牛革でも1300g程度と軽量です。

持ち手は転倒時のケガ防止を考えて、柔らかいナイロンループを採用しています。安全対策のひとつとして定番になっている反射板はついていませんが、刺繍シールとともに別売りパーツとして用意されています。