Menu

ランドセル製造・ブランドの特徴

カザマランドセルの特徴

学生鞄のトップメーカーだったカザマが長年の経験からランドセルに選んだ素材は、軽くて丈夫で濡れに強いクラリーノ。子供の負担を考えて、あえて本革ではなく人工皮革を選択したそうです。学生鞄の経験があるだけに縫製が丁寧で品質のバラツキも少ないと評判です。ベテラン職人がお互いの作業をチェックしつつ、ミシンと手縫いを上手く組み合わせて製造しています。

背負い心地を左右する背カンには、特許を取得したオリジナルの背カンを採用。強化樹脂製で柔軟性があって折れにくく、肩ベルトを丸く自然に立ち上げます。金具や芯材で肩ベルトを無理矢理丸くしていないため当たりがソフトになるとか。このメーカーのランドセル最大の特徴でしょう。肩ベルトは流行のカーブしたタイプですが、曲がりがゆるやかでベルトの強度を下げず、自然に体に馴染むように作られています。

背当てと肩ベルトの内側は「ロベニカ」という特殊な人工皮革で蒸れを防ぎ、内張りには抗菌素材を採用してカビのリスクを減らしています。型崩れを防ぐ大マチの補強プレートもしっかりしたパーツを使用。

A4フラットファイル対応で、安全なナスカン、防犯ブザー用フック、オートロック、前ポケットの鍵用フックなど、基本的な機能はほぼ網羅されています。