Menu

ランドセルナビが見つけた 2020「おすすめランドセル」

村瀬鞄行

村瀬鞄行(むらせかばんこう)は、ランドセルの一大生産地である名古屋の名門。品質やデザインには定評があり、各種コンクールで受賞することもしばしば。

基本的にはオーソドックスなデザインですが、ランドセルの新たなスタイルの開発にも熱心です。先進的な取り組みは「華」で結実、日本かばん技術創作コンクールで第31回経済産業大臣賞を受賞しました。

●個性的なデザインで人気の「華」(87,000円)。立体的な花模様を入れたカブセ部分のパーツは全部で34。複雑な工程で作られています。

主力ランドセルは「村瀬鞄行のランドセル」というブランドで展開していますが、近年は「mu+」(ミュータス)ブランドの軽量モデルも人気です。注目のモデルをご紹介します

◆村瀬鞄行のランドセル

「村瀬鞄行のランドセル」というブランド名で、本革の高級モデルから合成皮革の売れ筋価格帯のモデルまでを展開。その中で、定番となっているのが「ボルカ」シリーズです。
本革と人工皮革のモデルがあります。どちらも、表面に細かなシボ(皮本来のシワ模様)をつけた素材を使用しており、丈夫で傷がつきにくいのが特徴です。

特に人気が高いのは本革モデル。耐久性を持たせた色づけとコーティングを施した「牛革ストロング」を使い、力のかかる背カンの取り付け部分やカブセの根元に補強を施したモデルで、いくつかのバリエーションがあります。

レザーボルカ(赤)。

単色の「レザーボルカ」は、柔らかなカラーバリエーションが印象的なモデル。「赤」「ローズ/ピンク」「ブラウン/ピンク」「ラベンダー」「シアン」「キャメル/ブラウン」の6色が用意されています。背当ての色は定番の白。

「レザーボルカ」シリーズには、「レザーボルカ コンビ」と「レザーボルカ プレミアム」「コードバンボルカ」もあります。

レザーボルカ プレミアム ターコイズ

細部まで丁寧に作られています

「レザーボルカ コンビ」は、背当てや肩ベルトの裏にブルーやグリーン、ピンクといった鮮やかな色を使い、シャープな印象を与えるモデルです。「レザーボルカ プレミアム」は、特別な色合いの牛革にアンティークゴールドの金具を使用した特別仕様。「コードバン ボルカ」は文字通り、カブセにコードバンを使った、ボルカシリーズの最高級品です。

●ボルカ ブラウン/ピンク

人工皮革を使った「ボルカ」は、「レザーボルカ」の作りはそのままに、カブセや本体(大マチ)に村瀬鞄行独自の人工皮革「レザーフォート」を使ったモデル。レザーフォートは人工皮革の中でも本革に近い風合いや質感を持った素材で、ぱっと見た目には、本革モデルかと思うほど。しかも、本革モデルよりも200g程度は軽い。本革モデルと同等の堅牢な作りなのに軽いというのは、大きな魅力です。

■価格
レザーボルカ&コンビ:69,000円(税別)
レザーボルカ プレミアム:72,000円(税別)
コードバン ボルカ:93,000円(税別)
ボルカ:62,000円(税別)

 

◆手縫いを多用した匠シリーズ

村瀬鞄行のランドセルの中でも特別なのが「匠」と名付けられたモデルです。厳選した牛革やコードバンを使い、手縫いを多用して組み立てたランドセルです。

匠 牛革(ブラック)

手作業でヒダを入れる菊寄せ

肩ベルトや肩ベルトの取り付け部分、大マチと背当ての合わせ目など、力のかかる部分をベテラン職人が一針一針、丁寧に縫い合わせた高級モデルです。肩ベルトの先端やメインポケット、つまり大マチのフチの「ヘリ巻き」と呼ばれる加工も見事で、生地の断面が表に現れる部分がほとんどありません。背当てのコーナーを補強する細いベルトに入れられた「菊寄せ」あるいは「キザミ」と呼ばれる加工も美しい。

匠プレミアム(ヌメ革)

「匠」には、牛革とコードバンのモデルの他、「栃木レザー」というブランドの「ヌメ革」を使った特別なモデルもあります。ミモザという木の樹皮を使って職人が手作業で染め上げる「フルベジタブルタンニンなめし」という技法で作られた牛革で、革本来の風合いや色の変化を味わえる逸品です。

素材から構造、製法に至るまでこだわり抜いた製品だけに、軽量ランドセルとは一線を画す品格があります。ランドセルを作り続けて50年以上という村瀬鞄行の技術を集大成したモデルと言っていいでしょう。

■価格
匠 牛革:80,000円(税別)
匠 コードバン:110,000円(税別)
匠 ヌメ革:120,000円(税別)

◆「mu+」ランドセル

近年、注目が集まっているのが「mu+」(ミュータス)シリーズのランドセル。伝統を重視した「村瀬鞄行ランドセル」とは別に立ち上げたブランドです。

カラーや刺繍でファッション製を持たせ、わくわく感、どきどき感といった子どもたちの気持ちに寄り添ったモデルです。素材も人工皮革(クラリーノなど)を使い、耐久性を持たせた上で1100g台に軽量化。6年間、毎日使う子どもの気持ちを大切にしたモデルとして人気が急上昇しています。


ミュータス エクシード [EX603]

素材の表面加工や刺繍、鋲などのアクセサリーの違いにより10種類以上のモデルがあり、それぞれに3~6のカラーが用意されています。とてもファッショナブル。「村瀬鞄行ランドセル」と比べると廉価版と言えますが、機能は同等。なんといっても、価格が安い! 軽くて手頃な値段のランドセルを探しているならば、候補に入れておきたい製品です。

■価格:29,800円~60,000円


ランドセルナビが見つけた 2020「おすすめランドセル」