Menu

男の子は濃い青、女の子は水色が人気

ブルー(青系)のランドセルの売れ行きや傾向、選び方とともに、ランドセルナビおすすめのブルーのランドセルをご紹介します。(2020年7月31日現在、発売中のものです)

◆コンビカラーシリーズNo.2250 ネイビー×ブラウン(ノムラ)

ネイビーの本体にブラウンのふち取りとステッチがアクセントになっているコンビカラーのランドセル。黒のランドセルと同じくらい落ち着きが感じられ、しかもセンス度はアップ。メインは男の子向けでしょうが、女の子でも気に入る子がいそうです。同じシリーズに、より明るいライトブルー×ブラウンモデルもあります。ノムラの場合、別売りカスタムパーツ(カブセの2つの鋲と両サイドに取り付けられる)が自宅で交換可能なので、男の子向けの新幹線や恐竜、スポーツテイストなどのパーツを一緒に購入して楽しんでもらうこともできます。高品質であるながらお財布に優しいクラリーノ製のランドセルです。

■価格:44,000円(税・送料込)


◆リボンステッチシリーズNo.2245 スカイブルー×ラベンダー(ノムラ)

女の子の好きな色が揃った、空色とラベンダーのコンビカラーのランドセル。サイドにシンプルなリボンのステッチが入り、内装はブラウンベースのドット柄。同シリーズには、ほかにスカイブルー×ブラウンのタイプがあり、さらに一色使いのスタンダードシリーズNo.2215にもスカイブルーのランドセルがあるので、本体色スカイブルー同士を比べてみると、印象の違いがよくわかります。別売のカスタムパーツでより女の子らしく楽しむこともできます。

■価格:46,000円(税・送料込)


◆キララ クラシックブルー(羅羅屋)

アンティーク調の金具やステッチで上品に仕上げたカッコいいランドセル、キララ。そのわりにお値段はリーズナブルです。4色4タイプありますが、その中のクラシックブルーは、ほかにあまり見ないニュアンスの深みのあるスモークテイストの色。男の子にも女の子にもフィットする男女共用タイプと言えるでしょう。女の子にもフィットします。内張りはブラック。本体素材は人工皮革のベルバイオ5。

■価格:55,000円(税・送料込))


◆m+(ミュータス)グランツ(村瀬鞄行)

名古屋の名門、村瀬鞄行の新ブランド「mu+」(ミュータス)。よりファッショナブルで軽く、低価格なランドセルを求める声にこたえて誕生したブランドです。グランツは、シンプルで落ち着いた男の子向けモデル。価格もぐっと抑えられています。マリンブルーの本体にシルバーのステッチと安全対策のために施された反射材がアクセントとなって少し華やかな印象を与えています。重さも約1180gと軽量。「mu+」シリーズは、背カンや背当てなどのパーツなどに村瀬鞄行の高級モデルと同等のものを採用してあります。

■期間限定特別価格:56,000円(税・送料込)
■通常価格:66,000円(税・送料込)


?◆ジャスティン ブルー(羅羅屋)

内側はマット、外側はツルツルと、風合い違いの同色生地を組み合わせたジャスティンは、チビッコ紳士御用達のランドセル。オーソドックスなのに昔風ではない英国風のスタイリッシュなデザインには、ママやパパも納得では? 安全対策のシルバーの反射材を上手に使ってキリリとしたイメージです。ほかにブラックとブラウンがあり、本体素材は人工皮革のベルバイオ5。本体のみ重さ1,290g。

■価格:64,900円(税・送料込)


◆レザーボルカcolor.1 ネイビー/グレー(村瀬鞄行)

名古屋の老舗、村瀬鞄行の主力シリーズ「ボルカ」の牛革製スタンダードモデル「レザーボルカ」。深い色ネイビーの発色が味わい深くとてもキレイで、ステッチのグレーとあいまってとても上品に感じられます。背負っている子を賢く見せてくれそうです。男の子向けがメインだと思いますが、女の子にも似合うと思います。「ボルカ」シリーズは、村瀬鞄行が素材とつくりにこだわった高級主力ライン。背当てと肩ベルト裏は白のソフト牛革です。

■期間限定特別価格:72.000円(税・送料込)
■通常価格:75,900円(税・送料込)


●人気のブルーは種類が多い

男の子に人気のカラーはダントツで黒ですが、それに次いで人気なのがブルー(青系)のランドセル。ランドセルナビのアンケートだけではなく、さまざまな調査でも高い人気を誇っています。

青は日本の伝統色のひとつでもあり、世界的にも好まれる色です。重厚感を感じさせる黒に比べ、軽快感を感じさせてくれます。かといって、子供っぽく見えるわけでもない。このあたりが、安心して選ばれている理由でしょう。

ランドセルの場合、淡い空色系から濃い紺色に至るまで、さまざまな色調のブルーがあります。メーカーによっても微妙に異なっていて、青全体を見ようとすると選ぶのに一苦労するかもしれません。最初の段階で、淡いブルーにするか濃い紺色系にするかは、決めておいたほうがよさそうです。

そして今、女の子でもブルーを選ぶ子が増えつつあります。全体の傾向としては、男子はネイビーや紺などのダーク系、女の子は淡いトーンのブルーやパール系のブルーを好むようです。ブルーは、男女を問わず似合う色のひとつなんですね。

●差し色やコンビのブルーも人気

ブルーのランドセルのバリエーションが多いのは、やはり生産量が圧倒的に大きい人工皮革です。各社、明るいブルーからダークなブルーまで、さまざまな青系ランドセルを用意しています。本革にもブルーのバリエーションはありますが、総じて高級なランドセルが多い牛革やコードバンでは、ダークな色調のブルーを採用するケースが多いようです。

最近は、ブルーの単色のみならず、別のアクセントカラーを使ったランドセルも人気を呼んでいます。濃紺の本体にマリンブルーの差し色をあしらう、あるいはその逆のパターン、さらにステッチや刺繍の糸でさりげなく個性を主張するランドセルが増えているのです。

同系の差し色を使って、色の濃淡で雰囲気を出しているランドセルが多い中、ビビッドなブルーにキャメルなどの茶系の色を組みあわせたコンビカラーのランドセルもじわじわと増えています。ブルーもよりどりみどりのカラーとなったわけです。

ブルー系、とくに淡い色のブルーのランドセルを選ぶ際に気になる汚れについてですが、現在のランドセルの素材は汚れや水濡れに強い素材なので、ほとんど気にする必要はありません。特にていねいに扱う女の子であれば、問題はないでしょう。とても元気な男の子の場合のみ、ダークなブルーを選んでおいたほうが無難かもしれません。


【色別おすすめランドセル】