ランドセルの購入はこちら

Menu

【2023】青系(ブルー、ネイビー)の人気ランドセル

男の子の定番色となった青系(ブルー、水色、ネイビー、紺系)のランドセル。その売れ行きや傾向、選び方とともに、2023年モデルの中からランドセルナビおすすめのランドセルをご紹介します。


 エンジェル・ララ アイスブルー(羅羅屋)

カブセや背当て、両サイドなど、随所にフラワーモチーフがちりばめられた、とってもかわいい女の子にぴったりのランドセル。しかも、カラーに合わせていちばん似合う花柄デザインを採用するというこだわりがあります。もちろん、背負いやすさも抜群。

・重さ:約1350g
・素材:ベルビオ・5
・価格:58,300円(税・送料込)

商品詳細・購入ページへ


モデルロイヤル ドラグーン ネイビー×マリンブルー(セイバン) 

竜騎士をメインモチーフに、金属パーツをブラックニッケルに統一してスタイリッシュに仕上げました。ソードをモチーフにしたサイドの盛り加工や、ドラゴンをあしらったエンブレムなど、デザインの細部にまでこだわりました。男子の人気No1ランドセルです。

素材は「アンジュエール グロス」。「背中Wクッション」や「ラクパッドフレックス」など高学年になっても使いやすく背負いやすい機能性は「モデルロイヤル」共通。子どもやその家族全員が納得するクオリティです。

通常価格69,300円(税込)のところ、いまなら早期割引き10%OFFが適用されます(9月1日まで)。

・重さ:約1280g
・素材:アンジュエール グロス
・期間限定特別価格:62,370円(税込)

詳細と購入はセイバン直販サイトへ


レザーボルカ プレミアム ターコイズ(村瀬鞄行)

他のどこにもない個性的な色を採用した学習院型ランドセルが「レザーボルカ プレミアム」。ブルー系で用意されたカラーもひと味違います。このランドセルのために仕立てられた特別な革は質感がよく、驚くほど美しい。男の子でも女の子でも、背負えばお子さまの個性をきわだたせてくれるでしょう。

・重さ:約1490g
・素材:牛革
・価格:79,000円(税・送料込)

商品詳細・購入ページへ


 モデルロイヤル アリス シャーベットミント(セイバン)

「モデルロイヤル アリス」は不思議の国に入り込んだようなファンタジックな世界観を表現したランドセル。魔法の鏡やキラキラに輝くお城、リボンのステッチなど、女の子が大好きなかわいらしさをいっぱい詰め込みました。「せみね」や「背中Wクッション」など、負担を軽減し背負いごこちをよくする機能も充実したランドセルです。
通常価格77,000円(税込)のところ、いまなら早期割引き10%OFFが適用されます(9月1日まで)。

・重さ:約1300g
・素材:アンジュエール グロス
・期間限定特別価格:69,300円(税込)

詳細と購入はセイバン直販サイトへ


ハナ♥ハナ ミントクリーム(カザマランドセル)

小花の刺繍がとってもおしゃれな「ハナ♥ハナ」のミントクリーム。淡い本体色に多色使いの刺繍がの品よくかわいく映えています。さらにカブセを開くと、ハートの窓やファスナートップ、内張りのレース模様など心憎い演出がたっぷり。夢見がちな女の子も満足のはず。

・重さ:約1150g
・素材:クラリーノエフ
・価格:56,000円(税・送料込)

詳細と購入はカザマ直販サイトへ


ブルー系ランドセル一覧

男の子の定番、女の子にも人気


●人気のブルーは種類が多い

男の子の人気カラー第一位はダントツで黒ですが、次点はブルー(青、ネイビー、紺系)。ランドセルナビのアンケートだけではなく、さまざまな調査でも高い人気を誇っています。

青は日本の伝統色のひとつで、世界的にも好かれている色です。重厚感の色である黒に対して、青・ブルーは軽快感を感じさせてくれます。しかも子どもっぽくもない。親子双方に安心して選ばれている理由でしょう。

ランドセルでは、淡い空色系から濃い紺色に至るまで、さまざまな色調のブルーがあります。メーカーによっても微妙に異なっていて、いろいろ見ていくと混乱してしまうかもしれません。淡いブルーにするかネイビー・濃い紺色系にするかを、最初に決めておいたほうがよさそうです。

女の子でも、ブルーを選ぶ子が急速に増えているようです。全体の傾向としては、男子はネイビーや紺などのダーク系を選ぶのに対し、女の子は淡いトーンのブルーやパール系のブルーを好むようです。確かにブルーは男女の別なく似合う色です。

●差し色やコンビのブルーも人気

ブルーのランドセルのバリエーションが多いのは、生産量が圧倒的に多い人工皮革です。各社、明るいブルーからダークなブルーまで、さまざまな青系ランドセルを用意しています。本革にもブルーのバリエーションはありますが、総じて高級なランドセルが多い牛革やコードバンでは、ダークな色調のブルーを採用するケースが多いようです。

最近は、ブルーの単色のみならず、別のアクセントカラーを使ったランドセルも人気を呼んでいます。濃紺の本体にマリンブルーの差し色をあしらう、あるいはその逆のパターン、さらにステッチや刺繍の糸でさりげなく個性を主張するランドセルが増えているのです。

同系の差し色を使って、色の濃淡で雰囲気を出しているランドセルが多い中、ビビッドなブルーにキャメルなどの茶系の色を組みあわせたコンビカラーのランドセルもじわじわと増えています。ブルーもよりどりみどりのカラーとなったわけです。

ブルー系、とくに淡い色のブルーのランドセルを選ぶ際に気になる汚れについてですが、現在のランドセルの素材は汚れや水濡れに強い素材なので、ほとんど気にする必要はありません。特にていねいに扱う女の子であれば、問題はないでしょう。とても元気な男の子の場合のみ、ダークなブルーを選んでおいたほうが無難かもしれません。


【色別おすすめランドセル】