Menu

女の子に定着してきた紫・ラベンダー

ラベンダー・パープル(紫系)のランドセルの売れ行きや傾向、選び方とともに、ランドセルナビおすすめのラベンダー・パープルのランドセルをご紹介します。(2020年7月31日現在、発売中のものです)

◆スタンダードシリーズNo.2215 ラベンダー(ノムラ)

ノムラのベーシックモデル、スタンダードシリーズ(クラリーノ製)の中の一色で、もっとも普及している紫系の色です。ノムラの場合、別売りカスタムパーツをカブセの2つの鋲とサイドに取り付けることができ、交換も可能なので、ベーシックなモデルを購入して、カスタムパーツで楽しんでもらうこともできます。高品質でありながらお財布に優しいモデルです。

■価格:41,000円(税・送料込)


◆リボンステッチシリーズNo.2245 ラベンダー×ミルキーピンク(ノムラ)

コンビカラーで、サイドにシンプルなリボンのステッチが入り、内装にもブラウンベースにピンクのかわいらしいドット柄を配した女の子向けモデル。ラベンダー一色のスタンダードシリーズと比べてみると、ふちに違う色を配しただけでだいぶ印象が変わることがわかると思います。

■価格:46,000円(税・送料込)


◆あいGIRLS アイリス×アイスブルー(羅羅屋)

「あい」は、子どもたちに人気の色を集めたシリーズで、こちらはカブセは紫系のアイリス、サイドの色はブルー系と、人気色の組み合わせになっています。前ポケットにもレース調の刺繍があり、女の子のハートをつかめそう。人口皮革のベルバイオ5製。

■価格:51,700円(税・送料込)


◆キララ ワインレッド(羅羅屋)

キララは、ポケットのデザインはクラシカル、背当て部分はブラック、アンティーク調の金具やステッチで上品に仕上げた、カッコいいランドセル。本体はどれも深みのある色で男の子にも女の子にも似合います。その中のワインレッドは、多くのお子さまがイメージしている紫系とは違うけれど見るほどに味わい深い色です。親御さんが気に入ったら説得してみては?人工皮革製。

■価格:55,000円(税・送料込)


◆mu+(ミュータス)フランジュ ラベンダー/パールブラウン(村瀬鞄行)

名古屋の名門、村瀬鞄行の牛革製「レザーボルカ」の赤のランドセル。背当てと肩ベルト裏は白いソフト牛革で、そのオーソドックスな雰囲気は、品が良く安心感も感じます。雨にも傷にも強い牛革ストロング素材を細いベルト通しに至るまで折り返し、ミシンをかけて丈夫に仕上げた逸品です。

■期間限定特別価格:60,000円(税・送料込)
■通常価格:69,300円(税・送料込、10月1日以降)


●女の子に定着した人気色

とはいえ、ラベンダーなどの淡い色が好きなのは小さいうちで、成長するといやになるのでは?と思うママも多いかもしれません。でも、この点もあまり心配することはありません。なぜなら毎日背負っているランドセルを、親も子も周囲も、ほとんど気にとめることがなくなるからです。「ランドセルは、親にとっても子どもにとっても日常品の中の日常品です。親御さんは買うときにはいろいろと気にされますが、お子さまが使い始めると、意識は中に入れる物のほうに移ります。入れたいものがちゃんと入って、汚れが目立たず、壊れなければ、ランドセル自体を意識することはなくなるんですね。ですから、買うときにも、お子さまがいいという物を選ばれるといいのではないかと思います」(販売店の店員さん)

確かに、毎日背負っているランドセルより、毎日着替える衣服の傾向のほうがその人のイメージに大きな影響を与えます。大人のビジネスバッグとビジネスウエアの関係と同じようなものです。とするならば、親は、ランドセルの品質のほうをしっかりチェックし、見た目はお子さまに自由に選ばせてあげるのがいいのかもしれませんね。

東京で女子に人気のランドセルカラー

●特注色のラベンダーもあり

というのは、ラベンダーのような淡い色の場合、ステッチやへりに違う色を採用していると、見た目にはだいぶ違って見えるからです。デザインの違いによって、シックに見えたり、ハデハデに見えたりします。それに子どもは、色はラベンダーと決めていても、細部まで見ているわけではありません。そこで、ラベンダーでもいろんなタイプがあると、いろいろ見せていけばおしゃれのレッスンにもなるし、親子とも納得できるランドセルが見つかる可能性が出てきます。


【色別おすすめランドセル】