Menu

【カラーで選ぶ】ラベンダー/パープルのランドセル人気は映画の影響?

●女の子に人気の限定色はすぐに売り切れる

最近女の子に人気なのはラベンダー。パープルと表現しているブランドもあり、つまりは淡い紫色のランドセルです。お子さまが淡い色がいいと言うと、汚れが気になるママも多いと思いますが、心配ご無用! 大人のかばんと違って、きちんと汚れ防止対策が施されている(大手メーカーやランドセルナビが紹介しているメーカー・ブランドの場合)ので、泥汚れがついたときに拭き取るのは当然として、いわゆる定期的な手入れは不要です。お手入れについては、赤などの濃い色と同じと考えてください。

ところで、なぜラベンダーが人気になったのかといえば、どうもヒット映画が影響しているようです。ランドセルの人気色は、メーカーでもあまり予想がつかないようで、前年の人気色の生産数を増やす程度の対応しかできていません。というわけで、今年の人気色は何かなと予想するとすれば、子どもたちの間でヒットした映画やアニメあたりをチェックするのがいいでしょう。そしてそういう色は早めに売り切れる可能性があると思っておいてください。

東京で女子に人気のランドセルカラー

●特注色のラベンダーもあり

話をラベンダーに戻しますが、人工皮革でも天然の革でも、ラベンダー・パープルの色味はどのメーカーもだいたい同じです。違うのはパール系だったり、一部のメーカーが仕入れ先の革メーカーに特注色を発注したりしている場合。光沢のあるパールは見ればわかりますし、特注色であれば、お店でちゃんと説明してくれるでしょう。

この年齢の子は、ランドセルを見たとき、まず最初に色で選びます。そしていったんラベンダーのランドセルがいいと思うと、何を言っても引き下がらない女の子も多いものです。わが子がこれがいいと指名したラベンダーのランドセルが、ママの目で見てイマイチと思ったときは、違うデザインのラベンダーのランドセルを同じお店の中から、あるいは別のメーカーから探してみましょう。

というのは、ラベンダーのような淡い色の場合、ステッチやへりに違う色を採用していると、見た目にはだいぶ違って見えるからです。デザインの違いによって、シックに見えたり、ハデハデに見えたりします。それに子どもは、色はラベンダーと決めていても、細部まで見ているわけではありません。そこで、ラベンダーでもいろんなタイプがあると、いろいろ見せていけばおしゃれのレッスンにもなるし、親子とも納得できるランドセルが見つかる可能性が出てきます。

●できれば春先からチェックを

また、子どもはキラキラしたパール系がいいというけど、6年生まで使うことを考えると避けたいと思うママならば、鋲などの部品でキラキラ感のあるランドセルを探してみるのも手です。最初の段階では、子どもはどんな選択肢があるか知りません。これはダメと決めつけず、こういうのもあるのよ、と新しい選択肢を見せてあげるほうがいいでしょう。
さて、大人気工房やブランドのラベンダーにするなら、春先から売り切れをチェックする必要があります。逆に、いいものであればどこのでも、という考え方なら、出遅れる心配はそれほどありません。気に入るものが見つかるまで、いろいろと見に行ってみるといいと思います。

ランドセルメーカーにお話を聞いていると、ずっと同じ色がいいと主張する子もいれば、毎回違う色を選ぶ子もいるそうです。そんな子どもの個性をいちばんよく知っているのはママ・パパ。ランドセル選びも、お子さまの個性に合わせてじっくり考えてみてください。

以下、ランドセルナビおすすめの、2020年度のラベンダーのランドセルをご紹介します。※2019年9月現在、完売のモデルもありますが来シーズンの参考にしてください。

目次


■協和ふわりぃ プラチナセレクト

■近藤かばん 牛革特注色ラベンダー

■fafa ライラックラベンダー

■村瀬鞄行 華

■フィットちゃん あい・愛ティアラ ジュエリープリンセス

■キッズアミ エレファントキューブ


◆プラチナセレクト(ふわりぃ 協和)

キラキラが大好きな女の子。ラベンダーでもパール系が大人気で、各社、パール系のラベンダーあるいはパープル色のランドセルを出しています。ふわりぃの一番人気、プラチナセレクトの「パールラベンダー×パールピーチ」は、色はもちろん、ハートやかわいらしい刺繍など、ロマンチック大好き女子のお気に入りをてんこ盛りにしたランドセルです。

・重さ:約1270g
・素材:クラリーノ
・価格:62,640円(税込)


◆牛革 ラベンダー(近藤かばん)

牛革ラベンダー オーダーメードだから、10色ある背あてと肩ひも裏を10色の中から選んで、2色使いを楽しむこともできます。さらに、オプションでふちやステッチの色を別の色にすることもできます。色の組み合わせを自分たちで決めたい、おしゃれな親子にぴったり。

・重さ:約1400g前後
・素材:牛革
・価格:59,000円(税込)


◆ライラックラベンダー(fafa)

ほかにはないおしゃれなツートーンで淡色ランドセルの一大勢力となったfafa。都会派ママ&女の子に大人気です。ラベンダー系のツートーンの組み合わせも絶妙。ロマンチックで、しかもモダンな仕上がりです。

・重さ:約1200g
・素材:クラリーノ
・価格:78,840円(税込)


◆村瀬鞄行 華

「第31回日本かばん技術創作コンクール」を受賞した「華」は、村瀬鞄行のフラッグシップモデルともいうべきロングセラー。なかでもラベンダー色は、ぜひ一度実物を見てもらいたい逸品です(2020年度版はすでに完売)。このデザインですから当然とても目立ちますが、決してハデハデだったり子どもっぽい印象は受けません。よく作りこまれた作品らしい落ち着きを感じさせるシックなランドセルなのです。いいけど、目立つのはちょっと…というなら、同じ村瀬のレザーボルカ(牛革 下写真)とボルカ(人工皮革)に同じラベンダーがあります。

 

【華】
・重さ:約1200g
・素材:人工皮革
・価格:78,840円(税込)

【レザーボルカ】
・重さ:約1200g
・素材:牛革
・価格:78,840円(税込)

村瀬鞄行の紹介ページはこちら


◆あい・愛ティアラ ジュエリープリンセス(フィットちゃん)

ラベンダーのランドセルを選ぶときに、選択肢のひとつとしてはずせないのがフィットちゃんです。さまざまなモデルにラベンダー・パープル系のカラーが採用されており、色調も、落ち着いたすみれ色からビビッドなパール系までさまざま。そのため、ラベンダー・パープル系のランドセルが、11種類もそろっているのです。同じラベンダーでも刺繍やステッチでデザインを工夫されると、印象は劇的に変わります。しかも、フィットちゃんは、フィットちゃん背カンのおかげもあって、背負いやすさは抜群。生産量も多いようで、安心して選ぶことができます。

・重さ:約1320g
・素材:クラリーノ
・価格:68,040円(税込)


◆エレファントキューブ(キッズアミ)

「キッズアミ」ブランドで知られるナース鞄工。その「キッズアミ」ブランドの中でもいちばんの人気となっているのが、このエレファントキューブです。女の子向けには4色が用意されていますが、写真の「スミレ色」は、年々人気が高まっています。
大マチの幅は13,5cmと全モデルの中で最大級の容量を誇る大容量ランドセルですが、重量は約1200gしかなく、外径もキューブ型のおかげでA4クリアファイルサイズと同等。人間工学に基づいて開発された背当ても搭載されており、大容量なのに背負いやすいランドセルです。

・重さ:約1200g
・素材:クラリーノ
・価格:70,200円(税込)


※2019年9月22日