ランドセルの購入はこちら

Menu

【2023】女の子向け 人気&おすすめランドセル

女の子向けランドセルの色はますます多彩になりました。特にカラーは、パープル系(ラベンダーなど)、ピンク、レッド、ブルー(水色)、キャメル(ブラウン系)の5色の人気が拮抗しており、その他のカラーも年々増えています。
また、多くのメーカーや工房が「ユニセックス」や「ボーダーレスカラー」と呼ばれる男女共用モデルを販売。ひとつのトレンドとなりつつあります。カブセの形状や刺繍など、デザインも多彩ですし、定評のあるメーカーなら機能面は大丈夫ですから、どれを選んでも大丈夫。2023年度モデルの中から、ランドセルナビおすすめの人気ランドセルをご紹介します。


 ◆キラキラも刺繍もあるのに控えめシックなおしゃれランドセル

【村瀬鞄行】
ミュータス エクシード603

サイドや前ポケットのしずくをイメージしたラインストーンとレース刺繍が素敵な女の子のためのランドセル。本体色チョコとネイビーのタイプは、ピンクのステッチと背当てがアクセントになっておしゃれ度満点。ピンクの濃淡モデルは、同系色のピンクのステッチで夢見がちイメージ全開。高学年になっても派手すぎない刺繍付きランドセルです。

・重さ:約1200g
・素材:クラリーノ エフ
・価格:65,000円(税・送料込)

商品詳細・購入ページへ


◆ボーダーレスカラーのおしゃれなランドセル

【村瀬鞄行】

ボルカグレイッシュ

人気ランドセルの「ボルカ」に加わった未来志向モデル。カラーはオリーブ、シナモン、チャコール、サンドベージュ、ラムレーズン、インディゴの6色。男女どちらにも似合い、お子さまの個性を引き立ててくれるでしょう。

素材は村瀬鞄行独自の人工皮革「レザーフォート」を本体に使用、高品質なつくりや機能はそのままに軽量化を達成しています。さらに背中や肩ベルト裏には、天然の高級ソフト牛革を使って使い心地にも配慮してあります。

・重さ:約1290g
・素材:人工皮革レザーフォート
・価格:68,000円(税・送料込)

商品詳細・購入ページへ


 ◆女の子の人気No1 雪の結晶をモチーフにしたランドセル

【セイバン】
モデルロイヤル クリスタル

女の子向け「モデルロイヤル」には5つのモデルがありますが、人気が高いのはこの「モデルロイヤル クリスタル」です。全体的にちりばめられた刺しゅうや、クリスタル・ガラスを使った飾り鋲(びょう)など、あちこちに雪の結晶モチーフを採用。やわらかなペールトーンのカラーとともに、透明感のある美しい世界感を演出します。女の子をかわいらしく魅せるスウィートさと気品をあわせもつ、ロマンティックなデザインです。カラーは全8 色。中でも画像の「シャーベットミント」が高い人気を集めているそうです。
通常価格69,300円(税込)のところ、いまなら早期割引き10%OFFが適用されます(9月1日まで)。

・重さ:約1280g
・素材:アンジュエール グロス
・期間限定特別価格:62,370円(税込)

詳細と購入はセイバン直販サイトへ


◆上品で洗練されたデザインの半カブセ

【ノムラ】
カジュアル No.2260タテ型

カジュアルな中にも、上品なデザインで人気が急速に高まっているのが、この半カブセタイプです。洗練されたフォルムがいちばんの魅力なのですが、半カブセにはもうひとつ、大きなメリットがあります。それが、カブセ(フタあるいはフラップ)の開け閉めが楽なこと。 通常の学習院型に比べ、半カブセはカブセの長さが短いので、小さなお子さまでも楽に開け閉めができるのです。そのうえ、重量も軽い! フチの色を変えたツートーンモデルもあり、とってもおしゃれ。特に女の子や女の子のお母さんに大人気のモデルです。

・重さ:約1100g
・素材:クラリーノF
・価格:46,000円(税・送料込)

商品詳細・購入ページへ


◆ワンポイントの飾りリボンとバイカラーがおしゃれ

【羅羅屋】
リボン

ワンポイントの飾りリボンとバイカラーが印象的な、とてもおしゃれなランドセルです。若干短いカブセに合わせて採用された「差し込み錠前」もアクセントになっています。カブセが短くなったぶん、軽量です。カラーはエメラルド/メルティローズ/スカイグリーン/アプリコット/ボルドー/チャコールの全6色。
体にピタッとなじむアーチ形状の「標準ベルト」や取り外し可能な持ち手、抗菌・防臭・防カビのあるキトサンを配合した背中素材など、背負い心地を向上させる機能が充実していることも、他のモデルと同じ。ベルト交換を可能にした「マジかるチェンジ背カン」も搭載されており、別売りの「マジかるベルト」につけ替えることも可能です。

・重さ:約1250g
・素材:ベルビオ5
・価格:53,900円(税・送料込)

商品詳細・購入ページへ


◆高級感ただよう刺繍とデザインが愛らしい

【セイバン】
モデルロイヤル・レジオ ベーシック

女の子が憧れる「花かんむり」をデザインコンセプトに、高級感を感じさせるデザインに仕上げた「モデルロイヤル・レジオ ベーシック」。金具類や飾り鋲(びょう)は、パールニッケルを使いシックな雰囲気を演出。「せみね」と「ブレスレザー®」で快適さを充実させた、高学年になっても使いやすい安心のクオリティです。カラーはカーマインレッド、ネイビー、メイプルの3色。

通常価格66,000円(税込)のところ、いまなら早期割引き10%OFFが適用されます(9月1日まで)。

・重さ:約1230g
・素材:アンジュエール グロス
・期間限定特別価格:59,400円(税込)

詳細と購入はセイバン直販サイトへ


◆深みのある特別色にアンティークゴールドの金具

【村瀬鞄行】
レザーボルカ プレミアム

他のどこにもない個性的な色を採用した学習院型ランドセルが「レザーボルカ プレミアム」です。カラーは「バレンシア」(写真)「アメジスト」「ターコイズ」「ボルドー」の4色。構造や機能は、「村瀬鞄行」の中核モデル「レザーボルカ」と同じ。耐久性も背負いやすさも申し分ありません。

このランドセルのために仕立てられた特別な革は高級感たっぷりでとても美しく、大人でも自分のバッグに使いたくなるほど。男の子にも女の子にも似合うカラーで、どの色を選んでも失敗はしないでしょう。お子さまの個性をきわだたせる、とても魅力的なランドセルです。

・重さ:約1490g
・素材:牛革
・価格:79,000円(税・送料込)

商品詳細・購入ページへ


◆リボンとスワロフスキーで女の子から絶大な支持

 

【カザマ】
シャルマン

リボンの型押しとスワロフスキーの輝きで、女の子から絶大な支持を集めるランドセル。リボンは上品な押し型なので汚れの心配がいらないのもありがたいところ。しかも価格はリーズナブル。高学年まで違和感なく使える、カザマを代表するランドセルです。

・重さ:約1200g
・素材:クラリーノFマット
・価格:49,000円(税・送料込)

商品詳細・購入ページへ 


◆ラインストーンや花柄がロマンチック

 

【羅羅屋】
ミニョンブーケ

カラフルに反射する花デザインの反射材を採用したランドセル。360度、どの方向からも見えるので、自動車や自転車などのドライバーにお子様の存在をアピールし、安全性を高めます。
カブセにはラインストーンを散りばめ、ロマンティックな雰囲気に仕上げました。カラーはメルティローズ、モカ、ネイビーブルー、アイリスの4色。

・重さ:約1350g
・素材:ベルビオ5
・価格:60,500円(税・送料込)

商品詳細・購入ページへ 


◆カラーが豊富な軽量モデル

【村瀬鞄行】
ボルカ

12色と多彩なカラーバリエーションを誇るボルカは、名古屋の老舗工房・村瀬鞄行の中核モデル。写真のラベンダーは人気が高く、早めの購入がおすすめ。村瀬鞄行独自の人工皮革「レザーフォート」を本体に使用、高品質なつくりはレザーボルカそのままに、軽量化をはかりました。さらに背中や肩ベルト裏には、天然の高級ソフト牛革を使い、使い心地や背負い心地も申し分ありません。

・重さ:約1290g
・素材:人工皮革レザーフォート
・期間限定特別価格: 68,000円(税込)

商品詳細・購入ページへ


◆銀のフラワーの刺繍がかわいいランドセル

【ノムラ】
シルバーフラワー No.2275

細やかな銀のフラワーをかわいく束ねた刺繍が入ったフェミニンなランドセル。内部もハート型の窓やファスナー引き手で、とってもキュート。2023年モデルから新色のラベンダーとミントグリーンが仲間入り。さわやかなパステルカラーと背当てのピンクの相性もよく、女の子に大人気です。

・重さ:約1250g
・素材:クラリーノF
・価格:56,000円(税・送料込)

商品詳細・購入ページへ


◆キラキラがおしゃれで軽やかな軽量ランドセル

【村瀬鞄行】
ミュータス フランジュ

カブセや大マチ、前ポケットなどに華やかな刺繍を施し3色のメインカラーに、ふち取りのパールブラウンなどでアクセントをプラス。女の子のキラキラした気持ちを軽やかにランドセル上に表現しました。カラーはチョコ/ベビーピンク(写真)、チェリー/パールブラウン、ラベンダー/パールブラウンの3色。重さは1,190gと、かなり軽く仕上がっており、身体の小さな女の子でも楽に背負えます。

・重さ:約1190g
・素材:クラリーノ(R)エフ
・価格:63,000円(税・送料込)

商品詳細・購入ページへ


 ◆品格ある手縫い仕立てのランドセル

【村瀬鞄行】
匠 

匠は伝統の手縫いやキザミ(菊寄せ)、構造を守りながら、革素材や補強など、細部にわたって50年以上も改良が繰り返されてきた学習院型のランドセルです。

職人の手によって革と糸が締め上げられ、とても丈夫に仕立てられています。素材、構造、そして手づくりにこだわった工程。この三拍子が揃うことで、丈夫で品格の漂うランドセルに仕上がっています。

職人のていねいな仕事が光る、美しい形が魅力的です。落ち着いたカラーは全6色で、どのカラーも美しい。女の子には、やはりトラディショナルなスタイルの赤(写真)が人気です。

・重さ:約1520g
・素材:牛革
・価格:85,000円(税・送料込)

商品詳細・購入ページへ


◆パール素材と飾りリボンやゴールド金具が可愛いランドセル

【羅羅屋】
プレシャス・リボン

ワンポイントの飾りリボンのかわいさで人気の「リボン」にパールカラーバージョンが登場。飾りリボンのデザインは同じですが、カブセは通常のランドセルと同じ長さ。上品なパールカラーとの相乗効果で、軽やかでありながらちょっと大人びた雰囲気に仕上がっています。
体にピタッとなじむアーチ形状の「標準ベルト」や取り外し可能な持ち手、抗菌・防臭・防カビのあるキトサンを配合した背中素材など、背負い心地を向上させる機能が充実していることも、他のモデルと同じ。ベルト交換を可能にした「マジかるチェンジ背カン」も搭載されており、別売りの「マジかるベルト」につけ替えることも可能です。
カラーは、ジュエルミント/ジュエルホワイト/ジュエルラテ/ジュエルパープル/ジュエルピンクの全5色です。

・重さ:約1350g
・素材:ベルビオ5
・価格:63,800円(税・送料込)

商品詳細・購入ページへ


■女の子向けランドセルのチェックポイント

1.製造メーカーを確認する

女の子向けランドセルは、販売している会社も、ランドセルメーカーのほか、キッズファッションのブランド、キャラクターブランドなど本当にさまざまで、男の子向けより、販売会社も商品数も多くなっています。

お姫さまのようなゴージャスな刺繍や縫い付けのあるもの、あっと驚くようなカラーリングのものなども、女の子の心を引きつけ、だいぶ売れているようです。

ただし、実際に作っているのは、従来からランドセルを作っているメーカーの場合がほとんど。OEMといって、コンセプトやデザインはブランド側、実際に製造するのはランドセル製造メーカーというわけです。ファッションブランドなどのランドセルが気になっているときは、実際に作っているのはどこなのかを聞いてみたり、ランドセルに「ランドセル工業会」の6年間修理保証がついているかを確認したりしておくと安心です。

2.親子で納得できるものを選ぶ

イマドキの女の子は、この色がいい、このランドセルじゃなきゃイヤ!と、、自分の好みをはっきり主張します。とはいっても、子どもですから、それはあくまでも今の好み。6年間使えるものをと考える親とはだいぶ違うため、お店や展示会では、親子げんかが頻発しています。おしゃれに敏感な親子ほど、互いに譲れない線があるようです。でも新入学のシンボルでもあるなランドセルですから、親の好みを押しつけるのはよくないし、親子で喜べるものを選びたいですよね。

そこで、まず親がネットなどで候補のメーカーやブランドを複数決めてから、それらの中から選ぶように誘導するとよいと思います。クラシックなモデル、モダンなテイスト、斬新な色・デザインなど、ランドセルにもブランドごとに個性があるので、親の方針とお子さまの好みが両立できるところを事前に選定してみてください。同じメーカー・ブランドの中でもOKとNGがある場合は、OKのランドセルだけをセレクトして、見せてあげてください。もちろんわが子の好みも想像して選んでくださいね。

また、入学する予定の小学校の生徒の登下校の風景を、親子で見に行って、どんなのがいいかななどと話し合っておくのもとてもいいと思います。

3.重さと背負いやすさをチェック

ランドセルは、製造メーカーが定評のある会社であれば、ほとんどの場合大きな失敗はありませんが、お子さまが小柄だったり肩幅が小さめだと、最初の1年ぐらいは、肩ベルトの付け根の背カンの作りの違いで背負いやすさが違ってきます。そこで、できれば購入前に背負ってみることをおすすめします。ただし大柄なお子さまなら、あまり心配はありません。

また、長い髪が背カンの金属部分に挟まることがあります。これを避けるツールも売っているので、心配なら確認しておくとよいでしょう。

ランドセルの重さは、クラリーノなどの人工皮革で1100g前後~1300g前後、本革製で1300g~1600g程度。多くのランドセルはこの範囲に入っていて、きわめて小柄でない限り、慣れてしまえば背負える重さです。逆にこれより軽いものは、耐久性に少々不安が残るのでよく注意してください。また多くの飾りがついているランドセルは、当然のことながらその分重くなっています。

なお人工皮革か本革かは、好みで選べばいいでしょう。本革には確かに独特の風合いがありますが、子どもには、その違いはわからないと思います。

■女の子のランドセルに主流の色はない!自由に選ぼう

女の子にどんなランドセルがいい?と尋ねると、水色、黄色、ラベンダーなど淡い色を答える子が増えてきました。下はランドセルナビが東京で実施したアンケートの結果です。全国を対象にしたアンケートでも、まったく同じ傾向です。赤、ピンク、ブラウン、パープル、ブルーと、もはや主流の色はないことがおわかりでしょう。最近はグリーンやホワイト、黄色のランドセルも増えてきています。個性的な色にすると、小学校で目立って困るかも?という心配はもはや無用のようです。

また、淡い色は汚れが目立つのでは?と心配になるかもしれませんが、ランドセルは汚れ防止の表面加工がしっかりしているので、大人のバッグよりずっと丈夫。通常の使い方ではそんなに心配はありません。

最近は、ステッチの糸やへり、マチに別の色を使ったり、差し色を入れたコンビカラーのランドセルもずいぶん増えてきました。全体の雰囲気がクラシックなものがいいか、モダンなのがいいか、といったテイストで選ぶこともできます。お子さまの顔に映える色合いのランドセルを選んでみてください。