Menu

【2022】女の子向け 人気&おすすめランドセル

今の女の子は就学前からおしゃれ! だからランドセルも色デザインとも百花繚乱です。人気は淡い色、光沢素材、多色使いに刺繍やチャーム。定評のあるメーカーなら機能面は大丈夫。ママ・パパが納得のブランドから自由に選ばせてあげましょう。


◆ランドセルナビだけ!スタイリストがデザインしたランドセル

【ランドセルナビ】
近藤コラボ・ランドセルforGIRLS【限定5本】

雑誌のスタイリングやスポーツ&ファッションブランドのアドバイザーとして活躍する一児の母、miyocoさんがデザイン、ランドセル作り53年の熟練職人、近藤和行さんが手縫いするランドセルナビ初のオリジナルランドセルです。シンプルかつ洗練されたデザインと上質な牛革の風合いが融合し、ほかのどこにもないおしゃれなランドセルが完成しました。子ども目線への配慮も万全です。お届け予定は、2021年12月20日~12月31日まで。

・重さ:約1400g
・素材:つや消しの上質牛革(撥水加工)
・価格:85,000円(税・送料込)

商品詳細・購入ページへ

近藤コラボ・ランドセルの詳細>>


◆キラキラも刺繍もあるのに控えめシックなおしゃれランドセル

【村瀬鞄行】
ミュータス エクシード603

サイドや前ポケットのしずくをイメージしたラインストーンとレース刺繍が素敵な女の子のためのランドセル。本体色チョコとネイビーのタイプは、ピンクのステッチと背当てがアクセントになっておしゃれ度満点。ピンクの濃淡モデルは、同系色のピンクのステッチで夢見がちイメージ全開。高学年になっても派手すぎない刺繍付きランドセルです。

・重さ:約1200g
・素材:クラリーノ エフ
・期間限定特別価格:62,000円(税・送料込) ・価格:71,500円(税・送料込)

商品詳細・購入ページへ


◆カブセのリボンが素敵!今風モダンな半カブセのランドセル

【羅羅屋】
リボン

おしゃれママに人気の半カブセのランドセルに新モデルが登場。カブセのリボンが個性を引き立てるコンビカラーのランドセルです。色はシックなボルドーやヴィヴィッドなアプリコットなど全5色。リボンと前締め(サイドに見えるベルト)が同色になっていておしゃれなアクセントに。都会派親子の注目度が高く早々の売り切れ必至との噂も。

・重さ:約1250g
・素材:人工皮革ベルビオ5
・価格:53,900円(税・送料込)

商品詳細・購入ページへ


◆サイドのリボンがかわいいコンビカラーのランドセル

【ノムラランドセル】
リボンステッチシリーズ No.2245

ランドセルのフチと前締め(サイドに見えるベルト)を本体色(7色あり)とは違う色でコーディネートしたコンビカラーのランドセル。さらに糸も別色で、サイドにはリボンモチーフのステッチ、内装にはブラウンベースのピンクのかわいらしい柄を採用。ノムラのランドセルなので、家庭で交換可能な別売のカスタムパーツ(カブセやサイドの鋲に使う)が使えます。カスタムパーツをリボンにすれば、おしゃまな女の子も納得のはず! これで女の子とママの意見が一致します。

・重さ:約1230g
・素材:クラリーノ エフ
・価格:46,000円(税・送料込)

商品詳細・購入ページへ


◆女の子の「好き」を凝縮したロングセラーのランドセル

【カザマランドセル】
シャルマン

刺繍ではなく型押しで女の子の好きな模様を表現し、ずっと支持され続けています。リボンの型押しとスワロフスキーの輝きが可憐なイメージ。通常カラーが7モデル、パールカラーが3モデル、パールカラーのコンビが2モデルと色のバリエーションが豊富なので、この中から好きなものをどうぞと言ったら、女の子はきっと楽しんで選んでくれるでしょう。

・重さ:約1200g
・素材:クラリーノエフ、クラリーノレミニカ
・価格:通常カラー:49,000円、パールカラー:51,000円、パールコンビカラー:52,000円(税・送料込)

スタンダードモデル商品詳細・購入ページへ

パールカラー商品詳細・購入ページへ

パールコンビカラー商品詳細・購入ページへ


◆小花の刺繍がシックかわいいニューモデル登場

【カザマランドセル】
ハナ♥ハナ

カザマのニューモデル「ハナ♥ハナ」は、小花の刺繍がとってもおしゃれ。ミントクリーム、ライトラベンダー、ヴィヴィッドピンクの本体色に多色使いの刺繍がの品よくかわいく映えています。さらにカブセを開くと、ハートの窓やファスナートップ、内張りのレース模様など心憎い演出がたっぷり。夢見がちな女の子も満足のはず。

・重さ:約1150g
・素材:クラリーノエフ
・価格:56,000円(税・送料込)

商品詳細・購入ページへ


◆深みのある特別色にアンティークゴールドの金具

【村瀬鞄行】
レザーボルカ プレミアム

高級な質感と耐久性を兼ね備えた牛革ストロング素材の高級ランドセル。色はオレンジ系のバレンシア、紫系のアメジスト、青系のターコイズ、赤系のボルドーの4タイプ。深みのある色合いは、男女の別なくその子の個性を際立たせてくれるでしょう。すべてこのラインのためだけに作られた色なので、シンプルなデザインなのに、ほかとの違いは一目瞭然で、おしゃれなママの注目を集めています。生産量が少ないのでお早めに。

・重さ:約1530g
・素材:牛革ストロング
・期間限定特別価格:72,000円(税・送料込)
・通常販売価格:79,200円(税・送料込)

商品詳細・購入ページへ


■女の子向けランドセルのチェックポイント

1.製造メーカーを確認する

女の子向けランドセルは、販売している会社も、ランドセルメーカーのほか、キッズファッションのブランド、キャラクターブランドなど本当にさまざまで、男の子向けより、販売会社も商品数も多くなっています。

お姫さまのようなゴージャスな刺繍や縫い付けのあるもの、あっと驚くようなカラーリングのものなども、女の子の心を引きつけ、だいぶ売れているようです。

ただし、実際に作っているのは、従来からランドセルを作っているメーカーの場合がほとんど。OEMといって、コンセプトやデザインはブランド側、実際に製造するのはランドセル製造メーカーというわけです。ファッションブランドなどのランドセルが気になっているときは、実際に作っているのはどこなのかを聞いてみたり、ランドセルに「ランドセル工業会」の6年間修理保証がついているかを確認したりしておくと安心です。

2.親子で納得できるものを選ぶ

イマドキの女の子は、この色がいい、このランドセルじゃなきゃイヤ!と、、自分の好みをはっきり主張します。とはいっても、子どもですから、それはあくまでも今の好み。6年間使えるものをと考える親とはだいぶ違うため、お店や展示会では、親子げんかが頻発しています。おしゃれに敏感な親子ほど、互いに譲れない線があるようです。でも新入学のシンボルでもあるなランドセルですから、親の好みを押しつけるのはよくないし、親子で喜べるものを選びたいですよね。

そこで、まず親がネットなどで候補のメーカーやブランドを複数決めてから、それらの中から選ぶように誘導するとよいと思います。クラシックなモデル、モダンなテイスト、斬新な色・デザインなど、ランドセルにもブランドごとに個性があるので、親の方針とお子さまの好みが両立できるところを事前に選定してみてください。同じメーカー・ブランドの中でもOKとNGがある場合は、OKのランドセルだけをセレクトして、見せてあげてください。もちろんわが子の好みも想像して選んでくださいね。

また、入学する予定の小学校の生徒の登下校の風景を、親子で見に行って、どんなのがいいかななどと話し合っておくのもとてもいいと思います。

3.重さと背負いやすさをチェック

ランドセルは、製造メーカーが定評のある会社であれば、ほとんどの場合大きな失敗はありませんが、お子さまが小柄だったり肩幅が小さめだと、最初の1年ぐらいは、肩ベルトの付け根の背カンの作りの違いで背負いやすさが違ってきます。そこで、できれば購入前に背負ってみることをおすすめします。ただし大柄なお子さまなら、あまり心配はありません。

また、長い髪が背カンの金属部分に挟まることがあります。これを避けるツールも売っているので、心配なら確認しておくとよいでしょう。

ランドセルの重さは、クラリーノなどの人工皮革で1100g前後~1300g前後、本革製で1300g~1600g程度。多くのランドセルはこの範囲に入っていて、きわめて小柄でない限り、慣れてしまえば背負える重さです。逆にこれより軽いものは、耐久性に少々不安が残るのでよく注意してください。また多くの飾りがついているランドセルは、当然のことながらその分重くなっています。

なお人工皮革か本革かは、好みで選べばいいでしょう。本革には確かに独特の風合いがありますが、子どもには、その違いはわからないと思います。

■女の子のランドセルに主流の色はない!自由に選ぼう

女の子にどんなランドセルがいい?と尋ねると、水色、黄色、ラベンダーなど淡い色を答える子が増えてきました。下はランドセルナビが東京で実施したアンケートの結果です。全国を対象にしたアンケートでも、まったく同じ傾向です。赤、ピンク、ブラウン、パープル、ブルーと、もはや主流の色はないことがおわかりでしょう。最近はグリーンやホワイト、黄色のランドセルも増えてきています。個性的な色にすると、小学校で目立って困るかも?という心配はもはや無用のようです。

また、淡い色は汚れが目立つのでは?と心配になるかもしれませんが、ランドセルは汚れ防止の表面加工がしっかりしているので、大人のバッグよりずっと丈夫。通常の使い方ではそんなに心配はありません。

最近は、ステッチの糸やへり、マチに別の色を使ったり、差し色を入れたコンビカラーのランドセルもずいぶん増えてきました。全体の雰囲気がクラシックなものがいいか、モダンなのがいいか、といったテイストで選ぶこともできます。お子さまの顔に映える色合いのランドセルを選んでみてください。