Menu

女の子人気色ランキング「自由に好きな色を」

1位=レッド(赤系) 26.4%

以前は女の子のランドセルのほとんどが赤でしたが、今や全体の4分の1まで減ってしまいました。レッドと2位のピンクを合計しても約50%と女の子のふたりに1人程度なのです。ちなみにママ世代は、女の子の9割以上が赤、男の子の9割以上が黒のランドセルでした。

しかも赤系といっても、さまざまな赤があります。深い赤から鮮やかな赤、ピンクがかった赤もあれば、オレンジ系のものもあります。さらに、ふちやステッチに別色を配したコンビカラーのランドセルだと、同じ赤でも見た目の印象がだいぶ違ってきます。刺繍の有無も、赤のランドセルの雰囲気を大きく変えてしまいます。

そんな微妙な差を、就学前の女の子がどのくらい感じるかは、子どもによって違うと思いますが、もし、お子さまが選んだ赤のランドセルの雰囲気がちょっと…と思うときは、コンビカラーや刺繍の違いなどでテイストの違う赤のランドセルを提案してみる手もあると思います。

◆ミュータス アルファハート(村瀬鞄行)期間限定価格39,000円、通常価格49,500円(税・送料込)

◆シルバーフラワーNo.2275(ノムラ)53,000円(税・送料込)

赤のおすすめランドセル>>

2位=ピンク   23.2%

ピンク系のランドセルは、女の子の新定番。でも、こちらも、赤と同じく濃いピンクから淡いピンク、パステルカラーやパールのピンクなどさまざまです。薄い色だと、汚れるのではと心配する方もおられますが、ランドセルは基本的に汚れ防止加工がしてあるので、通常の使い方であればほとんど心配はありません。

それよりは、ふちやステッチにアクセントカラーを配してシャキッとさせたランドセルや、刺繍の違いなどに注目してください。同じピンク系でも、大人っぽいものから、この年齢の女の子が好きなロマンチックでフェアリーなものまでいろいろあります。

◆リボンステッチシリーズNo.2245(ノムラ)46,000円(税・送料込)

◆エンジェルララ ファンシーピンク(羅羅屋)55,000円(税・送料込)

ピンクのおすすめランドセル>>

3位=ブラウン・茶色 18.1%

>

ユニセックスな雰囲気のブラウンのランドセルが流行ったきっかけは、芦田愛菜ちゃんが背負っているCMだそうです。今はもう、男女共用タイプのランドセルの定番色となりました。

ブラウン系も焦げ茶から薄い色まで色合いは千差万別です。ひとつ注意していただきたいのは、色ではブラウン系にあてはまる高級品の「ヌメ革のランドセル」。これは、通常の人工皮革や天然皮革のランドセルと違って手入れが必要です。ヌメ革は、色の経年変化を味わうタイプの天然革で、確かに革製品としては魅力的ですが、子どもにとっても魅力的かどうかはよくよく確認してください。

◆ミュータス ルフラン(村瀬鞄行)期間限定価格56,000円、通常価格66,000円(税・送料込)

◆リボンステッチシリーズNo.2245(ノムラ)46,000円(税・送料込)

ブラウンのおすすめランドセル>>

4位=紫・ラベンダー  15.8%

パープル、あるいはラベンダーという名称を使っているメーカーも多い紫系のランドセルも、女の子の新定番のひとつになってきました。こちらも濃い色から薄い色、パール系までさまざまなものがあります。

といっても、レッドやピンクほどには生産量がありませんから、売り切れるのは早め。もしお子さまが、紫系のランドセルを好んでいるようなら、早めに複数のメーカーをチェックしてみてください。

◆シャルマン(カザマ)52,000円(税・送料込)

◆あいGIRLS(羅羅屋)51,700円(税・送料込)

紫・ラベンダーのおすすめランドセル>>

5位=ブルー(青・紺) 8.7%

ブルー系の中で、女の子が選ぶ傾向が強いのは水色です。ピンク、パープルと並んで、淡い色・パール系のランドセルのメインカラーとなっています。

実は、こうした淡い色のランドセルを好む女の子は、シンデレラのようなロマンチックが大好きで、そんな刺繍に惹きつけられます。となると、6年間使うことを想定するママ・パパの思いとぶつかる可能性大。

そこで提案なのですが、お子さまが、淡い色やパール系のランドセルを選びそうなら、淡い色のランドセルの中で、落ち着いた雰囲気のもの、シンプルなものを探してみてください。ひとつは、ふちやステッチに濃い色のアクセントカラーが入っているタイプ、もうひとつは、どうしても刺繍が好きなら、刺繍の位置や色を吟味してみましょう。就学前のお子さまの場合、こうした細部まで理解して選んでいることはそれほどありませんから、親御さんもお子さまも納得できるランドセルを見つけることは可能なはずです。

とはいえ、登下校時の小学生を見ると、今や淡い色のランドセルもごくごく一般的。それほど気にすることはないと思います。

◆ボルカ(村瀬鞄行)期間限定価格65,000円、通常価格68,200円(税・送料込)

◆スタンダード No.2215(ノムラ)41,000円(税・送料込)

ブルーのおすすめランドセル>>

どんな色でも大丈夫

順位 割合
6位 ブラック(黒) 2.9%
7位 グリーン(緑系) 0.8%
8位 ホワイト 0.8%
  その他 3.3%

6位以下は、黒、グリーン、ホワイトと続きます。黒は、私立の小学校の指定ランドセルの色でもあり、2.9%のすべてが好きで選んだものとは言えないでしょう。

グリーン系は、今のところ、少しの差ですが、男の子のほうが比率が高くなっています。また、8位のホワイトですが、この中には、ベージュとして販売されているランドセルも含まれていると考えてください。白いランドセルは、おしゃれなママが、これ、素敵!と言っているのを何度か見ました。ランドセルとしては、まだまだレアな色ですが、ファッションで白やベージュが使いやすい色であるのと同様、どんな服を着ていても、服とのコーディネートがバッチリ決まる。おしゃれに関心の高そうな女の子にはおすすめかもしれません。