ランドセルの購入はこちら

Menu

2023年の入学をハッピーに!わが子基準の「入学準備」

おすすめランドセル→男の子/女の子

わが子を見つめて「心の準備」

「来年は小学生。ちゃんと準備してあげたい」と思っても、毎日があっという間に過ぎていく、人生でいちばん忙しい時期にあるママ・パパたち。思ったようにできないこともあるでしょう。でも、絶対に焦らないでください。入学準備は、主役のわが子の様子をしっかり見つめながら、ゆっくり進めていってください。

親の不安や焦りが、小学校入学というわが子の成長を祝う一大イベントを損なってしまうことがあります。ママ友情報や広告などの影響で、親の心の中に見栄が生まれてきたときは特に注意が必要です。

大事なことは、わが子にとってそれがよいことかどうかです。子どもには高価なプレゼントより、入学へのわくわく感のほうがずっと大切です。

入学準備で優先してほしいのも、小学校入学をよりよいイベントにするための心の準備であり雰囲気作りです。あれをしなくてはこれをしなくてはと焦る気持ちは、雰囲気作りとしてはよくありませんよね。

わが子をしっかり見つめて、本当に大事なことは何なのかを考えていれば、忙しい日々の中でも少しずつ着実に準備は進んでいくはずです。

親子の会話から始めよう

忙しくても、ちょっとした時間に考えてみることはできるはず。小学校はどんなところかな? 小学生になるとどんなふうに毎日が変わるのかな?といった会話を親子でしてみることも、入学準備のひとつ。こうした親子の営みこそが、いちばん大事な入学準備と言ってもいいのです。

たとえば、ランドセル。親子でいろいろと話してみてください。そうすれば、親にも子どもにも、新入学へのイメージが湧いてきます。お隣がもう買ってるからうちも…と焦ることはありません。わが家独自のペースで3月までに購入すればいいのです。ランドセルに抱くイメージも入学式への期待感も、各家庭ごとにさまざま。その違いこそがその子の個性であり、家族の個性として大事にしたいものです。

以上が、ランドセルナビが専門家や先輩ママを取材して得た「入学準備」の基本的な考え方です。そのうえで、これからより具体的な「入学準備」のあれこれについてレポートをしていきます。

パートは、「親の心の準備」「子どもの準備」「モノの準備」の3つに分かれます。すでに1の「親の心の準備」については少しお話ししましたが、さらに詳しく別ページに書いてあります。また、「モノの準備」は、3つの中ではいちばん後回しにして大丈夫(ただしランドセルは好みがあるときは早めに検討)。入学する学校の説明会に参加しないと、本当に必要なものが何かはわからないからです。とはいっても、これから来年の春まで、いろいろと気になることは増えてくるでしょう。そんな思いにお答えするために、さまざまな記事を掲載しておきますね。

2023年入学ランドセルの購入時期(付録:2024年向け)→


  1. 1. 親の心の準備

  2. 2. 子どもの準備

  3. 3. モノの準備