Menu

新入学をハッピーに迎える、わが子基準の「入学準備」

入学準備でいちばん大事なのは、「心の準備」

2021年、来年の春に小学生になるお子さまをお持ちの方、ランドセルは買いましたか? 何か入学準備を始めていますか? 今年は、新型コロナウイルスの流行で、何もかもが前代未聞。ランドセル商戦も例年とは違い、だいぶ遅くなっています。入学準備にしても、来春コロナがおさまっているのか誰にもわからない状態ですから、正直不安のほうが先立ちますよね。

新入学を前にしていろいろやってあげたいことはあるけれど、何をするにも、その前にすべきは感染予防。思いついたことをすぐに実行するのが難しく、重たい気持ちになるのはしかたがないことです。でも、そんな状態なのはあなただけではありません。新型コロナウイルスの不安は、世界中の人が共有しているものです。置かれた環境で不安の中身は違っても、いやな感じ、不安な気持ちは皆同じ。だから互いに共感しあって一緒に不安を乗り越えましょうと、ウィズコロナの新しい生活様式などといった提案も行われるようになってきました。

そんな中、原点に戻れという風潮もあるようです。プラスアルファを求めるのではなく、しっかり地に足を付けていちばん大事なことは何かを認識して、優先準備を決めて行動しようということです。

今の世の中、お金をかければいろんなことができます。でも、お金さえかければうまくいくかといえばそうでやありません。むしろ、大事なことは何かを考えて行動するほうが、うまくいく確率は高くなります。

ランドセル購入にせよ、その他の入学準備にせよ、実際のところ、少しも急ぐ必要はありません。むしろその逆です。

新入学を素晴らしいイベントに

子育てに家事に仕事にと、毎日があっという間に過ぎてしまう忙しい時期にあるママ・パパですから、まだ何もできていなくても当然。焦らず落ち着いて、わが子の様子を見ながら勧めていくことが肝心です。

いちばんいけないのは、何もしていないことで漠然とした不安を抱え、周囲に遅れてしまうと焦ってしまうこと。親の不安や焦りは、小学校入学というわが子の成長を祝う一大イベントの喜びを損なってしまいかねません。わが子が未来に向かって羽ばたこうとしているときに、親が義務感や焦燥感にさいなまれていては、子どものわくわく感にもよくありません。

入学準備の第一歩は、必要なモノやコトをリストアップして揃えることではなく、小学校入学を最高のイベントにするためにどうしようかを考えることにしてください。

忙しくても、ちょっとした時間に考えてみることはできるはず。また小学校はどんなところかな? 小学生になるとどんなふうに毎日が変わるのかな?といった会話を親子でしてみることも、とても大切だと思います。そんなことをしているうちに、いつのまにか入学準備が始まっている、といったかたちがいちばんいいのです。

たとえば、ランドセル。外出がままならないなら、親子でランドセルのこと、いろいろと話してみてください。会話をすることで、親にも子どもにも、新入学へのイメージがわいてくるでしょう。そのイメージは、子どもも親もひとりひとり違います。その違いこそがその子の個性であり、家族の個性として大事にしたいものです。

以上が、ランドセルナビが専門家や先輩ママを取材して得た「入学準備」の基本的な考え方です。そのうえで、これからより具体的な「入学準備」のあれこれについてレポートをしていきます。

パートは、「親の心の準備」「子どもの準備」「モノの準備」の3つに分かれます。すでに1の「親の心の準備」については少しお話ししましたが、さらに詳しく別ページに書いてあります。また、「モノの準備」は、3つの中ではいちばん後回しにして大丈夫。入学する学校の説明会に参加しないと、本当に必要なものが何かはわからないからです。とはいっても、これから来年の春まで、いろいろと気になることは増えてくるでしょう。そんな思いにお答えするために、さまざまな記事を掲載しておきますね。


  1. 1. 親の心の準備

  2. 2. 子どもの準備

  3. 3. モノの準備