Menu

わが子基準の「入学準備」

【モノの準備6】2021年入学向けランドセルは、いつ購入すべき?

ランドセルの購入は原則急がないこと

来年、2021年に小学校入学を迎えるお子さまのママ・パパは、そろそろランドセルの購入を考えなくてはと、ネット検索したり、カタログ請求をしたりしておられることでしょう。

今年は新型コロナウィルスのために特別な年になってしまい、外出そのものがはばかられます。加えて、幼稚園や保育園との情報交換はいつも以上に大切にしなければならないし、働いている方は、そちらのほうの対応も大変だと思います。

ランドセルでいえば、展示会や販売会を予定していたランドセルメーカーさんたちも戦々恐々。感染リスクをなくすために、展示会中止の代わりとして、ランドセルの見本を送付するなど、さまざまな工夫をしておられます。主役が子どものランドセルですから、購入する親と同様、販売する会社も子どもの安全が何より大事。その点は、他業種より安心かもしれませんね。

とはいえ、目に見えないウィルスですから、こうすれば絶対に大丈夫なんてことは誰にも言えません。どんなにガードしていても100%安全ではないところがやっかいです。

ただし、ランドセルの購入については、一部の例外を除けば、そんなに心配する必要はありません。のんびり構えていただいていいでしょう。

それに遅めに購入することには、メリットもあります。小柄なお子さまの場合、今どきのランドセルは、親御さんたちの時代に比べてだいぶ大きくなっているので、入学1年前にフィッティングすると、うまくフィットしないことがあります。入学時には成長しているので問題ないでしょうが、それでも心配になってデザインはこっちがいいんだけど、心配だからあっちを…ということになりかねません。幼稚園・保育園で真ん中ぐらいか大柄な子であれば心配はないと思いますが、この年代の子どもの成長は早いものなので、このことは一応、覚えておいてください。

買う前にネットでの情報収集をしっかり

先に、一部の例外と書きましたが、例外とは、ある工房や特定のブランドでなければダメという場合です。なんらかの理由で、○○工房の××ランドセルがいい、他は考えていないということであれば、その工房・ブランドのホームページを頻繁にチェックして、発売と同時に購入するようにしてください。

人気の工房の中でもとりわけ人気のタイプであれば、発売と同時に完売ということもあります。おそらく、このような指名買いの方は、すでにそのランドセルを見たことがあるでしょうから、ネットでそのまま購入しても問題はないと思います。

さて、こういう指名買いの方を除いた多くの方々は、子どもが気に入って、親も納得できるランドセルを入手したい、でもどんなランドセルがあるのか、まだよくわからないという感じではないでしょうか?

そういう場合は、今はまずネットで調べて、どんなランドセルがあるのかを知ることです。ランドセルナビにもおすすめのメーカー・ブランドがのっていますし、ネット検索すれば、全国津々浦々のランドセル屋さんを発見することができます。

ランドセルナビでは、カタログの無料一括請求(会員登録が必要)に申し込んだ方に、ランドセル選びに必携「失敗しないランドセル購入作戦」をプレゼントしています。これをもっていれば、怖いものなしですよ! あるいは、ランドセルの選び方Q&Aで、疑問に思ったことを選んで調べてみると、いつのまにかランドセル選びの達人になっていることでしょう。

展示会スケジュールは頻繁にチェック

そして、毎年春から夏にかけて行われるメーカー・ブランドの展示会や合同展示会については、今年は日程の変更もありそうですので、ネット情報を頻繁にチェックしておくとともに、この状況下で本当に行くべきか、ご家庭ごとに判断をしてください。

最後に、実際に購入する時期ですが、夏になってからでも大丈夫。6年間の修理保証がついた、いいものはちゃんと残っています。夏でも、大手メーカーから職人技が光る工房のランドセルまで、あらゆるタイプのランドセルが手に入ります。2020年の新型コロナウィルスの流行に心を乱されないで、来年に向かって、わが家独自のランドセル購入計画を組んでみてくださいね。

あわせて読みたい→外出自粛中!ランドセルの選び方
★おすすめランドセル屋さんはこちら


No5:入学品の名前付け。悩まず楽しむ方法とは?
coming soon
わが子基準の「入学準備」トップに戻る