Menu

【2022】ホワイト・ベージュはおしゃれランドセルの筆頭!?

ホワイト&ベージュのランドセルの売れ行きや傾向、選び方とともに、ランドセルナビおすすめのランドセルをご紹介します。(2021年5月6日現在、発売中のものです)

◆コンビカラーシリーズNo.2250 ベージュ×キャメル(ノムラ)

ベーシックな学習院型のランドセルにふち取りしたノムラのコンビカラーシリーズに、ベージュ×キャメルがあります。ベージュといっても見た目は柔らかいホワイト。多数のランドセルがディスプレーされている中で注目を集めます。濃い色と違って目立つことは確か。でも、ファッションでいうならきわめてベーシックな色合いで、お洋服とのコーディネートもばっちり。クラリーノ製で汚れ防止加工もしてあるので、よほど乱暴に扱わない限り汚れは気になりませんよ。

■価格:44,000円(税・送料込)


◆リボンステッチシリーズNo.2245 ベージュ×ピンク(ノムラ)

かわいいが大好きな女の子の気持ちに寄り添ったノムラのリボンステッチシリーズには、ふち取りとステッチがピンクのものと、ラベンダーのものがあります。サイドには同色でシンプルなリボンも刺繍されています。女の子の夢をかなえつつも落ち着いた雰囲気に仕上げてあるのはさすが。内装もブラウンベースにピンクのドット柄と気を抜いていません。ノムラ独自の別売りカスタムパーツで、さらに女の子の気持ちを表現することもできます。

■価格:46,000円(税・送料込)


◆カジュアルシリーズ【タテ】No.2260 ベージュ(ノムラ)

カブセが下まで届かない半カブセのカジュアルなランドセル。しかも色が白に近いベージュなので、展示会では、これランドセル? 私が使ってもいいんじゃない?と思っちゃうママも登場。小学生が使うランドセルとしてきちんと作られているので、大人が使ってもとっても安心だから、親子で活用しちゃう手もあります。内装もブラウンでシンプルモダンな作り。重さ約1,100gは、大人のバッグと比べると驚くほど軽量。本体はクラリーノ・エフ製。フチがキャメルのコンビカラータイプや、同じデザインと色の牛革製ランドセル(牛革カジュアルシリーズ 61,000円)もあります。

■価格:46,000円(税・送料込)


◆エステラ ベージュ(カザマ)

カザマランドセルのラインナップ中、もっともベーシックなモデルのエステラ12色の中のベージュ。飾り気なくしっかりした作りの学習院型ランドセルを、色だけベージュ(といっても白に近い)に変えるとこうなるという見本みたいなモデルです。シンプルさが際立っているので、このまま背負っても素敵ですが、おしゃれと汚れ防止を兼ねていろんなランドセルカバーを着せて楽しんでみるのもいいかもしれません。クラリーノ製。

■価格:49,000円(税・送料込)

【ご注意】カザマのランドセルは、直販サイトでのご購入になります。


◆マーメイドS パールホワイト×キャメル(カザマ)

人魚の銀箔押しがロマンチックなマーメイド。マーメイドは淡い色だけのラインナップですが、だからこそ箔押しや刺繍が派手に目立たず、全体の調和を保たれています。とりわけパステル調の本体色ベージュは、そんな飾りがとてもお似合いのランドセル。背当てにはハート型も縫い込まれ、金具もティアラデザインと、女の子の夢見る気持ちにジャストフィットしています。重さ約1,150gととても軽量なクラリーノ・エフ製。

■価格:56,000円(税・送料込)

【ご注意】カザマのランドセルは、直販サイトでのご購入になります。


■カジュアル ベージュ(カザマ)

カザマのショールームネット限定モデルの半カブセタイプには、タテ型のカジュアルとヨコ型のカジュアルワイドの2タイプがあり、どちらにもベージュがあります。見た目はランドセルというより革製のリュックのイメージ。タテ型が重量1080g、ヨコ型が重量1000gと、ランドセルとしては極めて軽いことも魅力。もちろん老舗のカザマが作るランドセルですから作りはしっかりしています。

■価格:タテ型:46,000円、ヨコ型:49,000円(税・送料込)

【ご注意】カザマのランドセルは、直販サイトでのご購入になります。



●ランドセルのファッション化で注目度上昇中

ホワイト&ベージュのランドセルを背負っている小学生はまだまだ少数派で、ランドセルナビのアンケートでも女の子の0.6%だけ。でも、おしゃれな女の子やママからの支持が少しずつ増えていることも確かです。ランドセルの展示会やお店で多くの女の子が、ホワイト&ベージュのランドセルを見入っていました。ランドセルナビで実施した展示会では、男の子も関心を示していました。

それでも実際に買う人が少ないのは、やはり傷や汚れの心配からでしょう。いくら耐久性の高い表面コートが施してあっても、ホワイトは傷や汚れ目立つのでは?と不安に感じてしまう。もちろんそう思うのは、子どもたちではなく親御さんのほうです。もしかしたら、子どもにあきらめさせているママ・パパが多いのかもしれません。

●まだまだモデルは少ないけれど

ランドセルをファッションアイテムのひとつとしてとらえれば、ホワイト&ベージュは定番中の定番。どんな服装にも合うし、エレガントにもモダンにもコーディネートできます。加えてクラリーノなど人工皮革の耐久性が向上しているので、ホワイト系のランドセルが人気色の仲間入りをする日も近いような気がします。

それにホワイト系のランドセルにも、パール系やベージュなどいくつかのバリエーションがあり、それぞれに違った雰囲気を醸し出しています。カブセのふちどりの色を変えたり、ファッショナブルな刺繍が入ったり、よりエレガントでかわいいモデルもあり、おしゃれに目覚めた女の子やファッション大好きママが注目しています。

とはいえ、ランドセルメーカーの中でホワイト&ベージュをラインナップに加えているところは、まだまだ少数派です。どちらかといえば、ファッション系のブランドにモデルが多い印象です。

肝心の傷や汚れの問題ですが、素材の改良により、ごく普通に使っている分には、特に不安に思う必要はないと思います。ランドセルカバーを使えば、さらに傷や汚れを防ぐことができます。実際に女の子が6年間使用したホワイトのランドセルを見たこともありますが、気になるほど汚れてはいませんでした。

まだまだ選択肢は多くはありませんが、お子さんが気に入ったならば、思い切って購入してもいいのではないでしょうか。


【色別おすすめランドセル】