Menu

女の子に伝統の赤いランドセル復活!

レッド(赤系)のランドセルの売れ行きや傾向、選び方とともに、ランドセルナビおすすめの赤いランドセルをご紹介します。 (2020年7月31日現在、発売中のものです)

おしゃれで高品質! 女の子向け5万円以下で買えるランドセル>>

◆m+(ミュータス)アルファハート チェリー(村瀬鞄行)

名古屋の名門、村瀬鞄行の新ブランド「mu+」(ミュータス)。よりファッショナブルで軽く、低価格なランドセルを求める声にこたえて誕生したブランドです。その中でアルファハートは、女の子向けベーシックなモデルで価格もぐっと抑えられています。飾りをなくしてシンプルにまとめてありますが、カブセに光るワンポイントのハート型の鋲がかわいい。本体素材はクラリーノエフ(R)で重さ約1150gと軽量。「mu+」シリーズは、背カンや背当てなどのパーツなどに村瀬鞄行の高級モデルと同等のものを採用してあります。

■期間限定特別価格:39,000円(税・送料込)
■通常価格:49,500円(税・送料込)


◆カジュアルシリーズ[タテ]No.2260 ボルドー(ノムラ)

ノムラのカジュアルシリーズは、半カブセのおしゃれなランドセル。個性的なフォルムに落ち着いた赤系のボルドーはなかなかシックで、高学年になってもおしゃれな女の子イメージで楽しめそう。しかも重さ1,100と軽量なのも魅力。半カブセのランドセルの場合、ノムラオリジナルの別売カスタムパーツは、両サイトに付けられます(他社製のランドセルには付けられません)。このパーツは購入後も交換可能なので、小さいおしゃれが好きな女の子には喜ばれるかもしれません。クラリーノ製。

■価格:45,000円(税・送料込)


◆シルバーフラワーシリーズNo.2275 チェリー(ノムラ)

細やかな銀の花をかわいく束ねた刺繍が入ったフェミニンなノムラのシルバーフラワーシリーズ。その中のチェリーは、ヴィヴィッドな赤系でステッチは抑えたキャメル色です。内部もハート型の窓やファスナー引き手、背当てと肩ベルトの裏も薄いピンクで統一して女の子成分満点です。クラリーノ製。重さ約1250g

■価格:53,000円(税・送料込)


◆エンジェルララ ロゼ(羅羅屋)

軽さと使いやすさ、耐久性にとことんこだわったランドセルです。ランドセルの原点に立ち返り、子供や親御さんの要望を生かし、デザイナーと職人が一体となって仕上げられています。デザイン上でも、やわらかな曲線を使った形状は、シンプルでとても洗練されています。
素材にクラリーノを使い、前ポケットの形をシンプルな四角にするなど、随所に軽量化の工夫が込められています。おかげで重さは1.1kg。ただ軽いだけではなく、背カンや肩ベルト、背当ての形状などに長年のノウハウがつぎ込まれており、機能は上位モデルと一緒。どのような体格のお子さんが使っても、ランドセルが軽く感じられるでしょう。大人が背負っても、実に背負いやすい、優秀なランドセルです。

■価格:55,000円(税・送料込)


◆レザーボルカcolor.2 アカ(村瀬鞄行)

名古屋の名門、村瀬鞄行の牛革製「レザーボルカ」の赤のランドセル。背当てと肩ベルト裏は白いソフト牛革で、そのオーソドックスな雰囲気は、品が良く安心感も感じます。雨にも傷にも強い牛革ストロング素材を細いベルト通しに至るまで折り返し、ミシンをかけて丈夫に仕上げた逸品です。

■期間限定特別価格:72,000円(税・送料込)
■通常価格:75,900円(税・送料込)


◆レザーボルカ コンビ アカ/ピンク(村瀬鞄行)


村瀬鞄行の牛革製「レザーボルカ コンビ」には3タイプありますが、赤系は1タイプのみ。本体色アカに対して、背当てと肩ベルト裏、内張りにピンク色を配しています。一見、オーソドックスな牛革の高級ランドセルなのに、チラリとピンク色が見えて、着物の裏地に凝っているみたいなセンスと粋を感じます。おじいちゃんやおばあちゃんが「天然皮革でなければ」と言うご家庭もまだまだ多いなか、こんな形で現代感覚を表現するも素敵です。

■期間限定特別価格:72.000円(税・送料込)
■通常価格:75,900円(税・送料込)


●赤系のランドセル人気が復活?

男の子には、黒のランドセルが鉄板と言える高い人気を誇っているのに対し、女の子の定番色だった赤(レッド)は、年々、徐々にその割合を減らしてきました。メーカーや販売店で取材しても、女の子向けのランドセルはカラーが豊富になり、「女の子用ランドセル=赤」とは言えない時代になりました。

下に掲載したランドセルナビが行ったアンケート調査でも、その傾向は如実に表れています。男の子では60%以上の子が黒を選んでいるのに対し、赤系は女の子人気第一位であることは確かですが、その割合は25%強。ピンクをレッドのバリエーションと考えても、50%に満たない数字です。

東京で女子に人気のランドセルカラー

ただ長期にわたって漸減傾向にあった赤が、ここにきて復活の兆しがあります。さまざまなメーカーに取材してみたところ、多くのメーカーで「赤を好む人が増えてきた」と言います。生産量を増やしたと明言するメーカーもありました。そのために一部の商品で赤系のみ完売というところも出てきています。ただ、赤系全体としては、たいへん種類が豊富なので、気に入ったものが見つからないということはないでしょう。

●バリエーションも増え、流行に左右されない赤系

赤は、やっぱり女の子にとてもよく似合います。昔は、ツヤのある単色の赤だけでしたが、今は、深みのあるワインカラー(ボルドーなど)からピンクに近いビビッドなレッドまで微妙に異なる色味が豊富で、素材もツヤあり、ツヤなしの違い、またふちやステッチの色を変えたコンビカラーのものなど、ちょっと違うだけで見た目がずいぶん変わってきます。

赤いランドセルは、高学年までになるまで飽きのこない色であり、大人にも納得の色です。さまざまな色で迷ったときは、まずは原点に立ち返って、赤の中から選ぶのも良い方法だと思います。メーカーやモデルを限定しなければ、入学直前まで選べるのも、赤の良さでしょう。


【色別おすすめランドセル】