Menu

HAKURA

「コウノトリの里」で知られる兵庫県の豊岡市は、日本一の生産量を誇る「かばんの街」でもあります。奈良時代以降、柳を編んで作る柳行李(やなぎこうり)の一大産地として知られ、明治時代、西洋かばんが日本に導入されるや、柳行李の技術を生かした「行李鞄」を開発して大ヒット。