Menu

より軽く、快適に。「ふわりぃ」ランドセルで子供たちの快適な学校生活を支えるメーカー

協和

どんなメーカー?

子供第一主義で70年。クラリーノ製ランドセルを最初に作ったメーカー

オリジナルブランド「ふわりぃ」で全国に知られる「協和」は、ランドセルメーカーの「大手御三家」のひとつ。関東で最大のランドセルメーカーです。創業は1948年(昭和23年)です。千葉県の自社工場で高品質なランドセルを生産し続けています。

他のメーカーと同様、最初は赤や黒のランドセルを生産していましたが、早い段階から子供の安心・安全・快適性を向上させることに取り組んできました。その大きな実績のひとつが、人工皮革「クラリーノ」の採用です。今ではランドセルの70%以上がクラリーノ製と言われていますが、実はクラレが靴用の素材として作った素材。軽く雨に強いという特性に着目して、この人工皮革を日本で初めてランドセルに採用したのが協和なのです。1967年、今から半世紀以上前のことでした。

自社ブランド「ふわりぃ」の誕生は2007年。それまでは「オリビエ」というブランドで全国展開していましたが、「より軽く、快適にランドセルを背負ってもらいたい」という願いを込めて、「ふわりぃ」ランドセルを開発。これまでに200万人以上の子供たちの快適な通学を支えてきました。

大手メーカーらしく、多彩なモデル構成とカラーバリエーションが用意され、多くの子供のニーズに細かく応えられる商品構成が魅力的です。近年ではオーダーランドセルの充実にも積極的に取り組んでいます。

また、「ふわりぃ」には障害児向けのランドセルも用意されています。通常のランドセルが背負いにくい子供たちにも快適にランドセルを使ってもらうため、肢体不自由児の支援団体などの協力を得てデザインや機能などの要素を厳選したオーダーメイドシステムを開発。今では年間、200~300人の子供に、ランドセルを背負って通学する楽しさを味わってもらっています。

さらに、購入者特典として「未来へつなぐタイムレター」という取り組みを行っていることも見逃せません。これは、親がわが子のランドセルを初めて手にしたときの想いを便せんにしたためて投函すると、協和がそれを保管。3年生に成長した年の夏、お子様宛に郵送されるというサービスです。大人も子どももいっしょに、もういちど入学のころの気持ちになって、会話がさらにはずむと、購入者から好評です。

 

付属の便せんにランドセル購入時の想いをしたためて投函する
「未来へつなぐタイムレター」。購入者への特典のひとつです。

ランドセルは近年、ファッション化が進み、子供ではなく大人が喜ぶ要素を採り入れた製品も増えています。それも大切なことかもしれませんが、協和が最優先しているのは、子供の使いやすさや快適性、さらには安心・安全に楽しく通学できるようにすることなのです。

ランドセルへかける情熱

より軽く、丈夫に。多くの子供を元気にするランドセルを作り続ける

協和では、毎日使う子供が元気になるランドセルを目指しています。そのために最優先しているのは、まず軽いこと。「フチなしコンパクト」(キューブ型)を採用してランドセルの外寸を小さくすると同時に50gの軽量化を図ったのはそのためです。

機能についても、あくまで「子供が使って便利かどうか」という基準を重視。新たな機能を導入する際は、千葉県の工場の近くにある小学校の生徒にモニターになってもらい、本当に使いやすいと感じてくれるかどうか、入念に調査してから採用しています。本当に使って便利な機能を厳選することで軽量化にもつながり、使い勝手が向上するのです。

人工皮革のクラリーノを全面的に採用しているのも、使い手である子供を最優先して考えてのこと。軽く、耐久性がある素材ですから、牛革やコードバンを使えば風格のあるランドセルになりますが、それでは重いし、高価になります。

協和の若松秀夫社長は次のように語っています。

「少子化の影響で市場が小さくなり、ランドセル業界は平均単価を上げる方向に進んでいるようですが、これには疑問を感じます。どれだけ、ランドセルを使う子供の立場に立ってランドセルを作るか。それが当社のコンセプトです。」

どんなランドセル

とにかく軽い! 1kg以下のランドセルもあり

「ふわりぃ」は、全国の鞄店やデパート、量販店、直販サイトなどで購入できるほか、百貨店限定モデルも販売されています。カラーバリエーションも豊富に用意されています。

「ふわりぃ」ランドセルの特徴は、まず軽いということ。どのモデルも、持ってみるとびっくりするほど軽いのです。たとえば、大マチの寸法が13.5cmの最大収納量を誇るモデル。シリーズの中で最も重いクラスになりますが、それでも1200g~1270g程度でしかありません。「フチなしコンパクト」という、特殊製法の採用で外寸を小さくしたことも、軽量化に一役買っています。

 

女子に一番人気のプラチナセレクト

男子に一番人気のスーパーフラッシュ

大マチ12cmのモデルになると、1kgを切ります。最も軽い「ぴったりふわりぃ」というモデルに至っては、たったの920gしかありません。ここまで軽量化されると強度が心配になりますが、押してみるとハリがある。本革製の高級ランドセルのような硬い感じではなく、やわらかさの中にしなやかな反発力を感じるのです。ごく普通にランドセルを使う子であれば、まったく問題はないでしょう。

 

920gと超軽量の「ぴったりふわりぃ」

「ふわりぃ」がきわめて軽く作られているのに変形しにくいのには、クラリーノを使っていることに加え、大マチの芯材に特殊な素材を使っていることも貢献しています。通常、ランドセルの側面と底に合成樹脂の板を入れ、開口部は鉄板やピアノ線で補強することが多いのですが、「ふわりぃ」は「エフセルエコライト」と名付けられた、軽くて強い素材を導入しました。古河電工という、ランドセルとは無縁の会社と共同で開発した素材です。軽量化へのこだわりには、並々ならぬ熱意を感じます。

機能面も充実しています。背カンは「ふわりぃ背カン」と名付けられた、いわゆる立ち上がり背カンが採用され、身体の成長とともに左右に広がり、フィット感をずっと維持するように設計されています。

肩ベルトは「ふわりぃ」の名前の元となった、「ふんわりやわらか」なベルトで、バックルの調節穴が9個あり、入学時から6年生になるまで、きっちりと身体に合わせることができます。しかも、「スタンダード」「ハイクッション」「立体裁断」の3種類が用意され、モデルごとに最適なものが選択されています。

 

よりフィット感をアップさせ、肩からのズレ落ちを防止する「チェストベルト」も魅力的です。大人のリュックに標準でついていることがあり、これがあるとないとではフィット感がまったく異なることを体験した人も多いはず。ベルトがずれないので、ランドセルが身体にぴったりと密着し、子供の負担を軽くします。小学生のモニターテストを経て採用されました。

このほか、目に見えにくい部分で快適性を上げる素材や機能が使われています。背当てと肩紐に採用された「スーパーブレスター」という素材は通気性に優れており、夏の蒸れを軽減してくれます。また、背当てのクッションは柔らかな背負い心地を実現。しかも、「エアリーフォーム」「40+」「ノアフォーム」という3種類のクッション素材があり、モデルに応じて使い分けています。荷物が多いときに広げて使える「のび~るポケット」はとても便利な機構ですし、ピン先を外に出さない安全バックルにも「こども第一主義」を感じさせてくれます。

通常モデルのほかに、オーダーメイドランドセルもあります。カラーや鋲などのパーツを選んで自分だけのランドセルを作るシステムです。10項目から選ぶイージーオーダーと、13項目、100万通り以上の組み合わせからオリジナルランドセルを作れるフルオーダーの2つがあり、世界にひとつだけのランドセルを作れます。

10項目から選べるイージーオーダー

フルオーダーは13項目で好みの要素を選べます

障害児用の「オーダーメイドUランドセル」も、ランドセルの基本型にオプションを組み合わせて作るシステムです。縦型全カブセのAタイプ、縦型半カブセのBタイプ、横型のCタイプと、基本型は3種類用意されており、オーダーシートに従って職人がひとつずつ手作りします。指の力、特に物をつまむことが難しいお子様や、車椅子の使用など、さまざまなケースを想定した機能やパーツが用意されており、わが子に合わせて選ぶことができます。

ループ型のファスナー引き手を採用。指の力が弱くても使いやすい

「どんなお子さまにとっても軽く、背負い心地が柔らかく快適」という「ふわりぃ」らしさをいちばん現しているランドセルと言えるでしょう。

 

 

素材 「ふわりぃ」全モデルに使用されているのは、人工皮革のクラリーノです。クラリーノにはさまざまな種類がありますが、そのうち「ふわりぃ」に使用されているのは3種類。本革にいちばん近い風合いの「エフ」と、風合いと強度を兼ね備えた「レミニカ」、そしてレミニカよりさらに傷がつきにくく丈夫な「タフロック」、です。ランドセルの種類と求められる品質に合わせ、これら3種類の素材を使い分けています。
サイズ A4フラットファイルサイズ対応

各部の特徴

フチなしコンパクト

学習院型で背中のまわりにある出っ張りを無くした「フチなしコンパクト」構造。いわゆるキューブ型ですが、強度を下げずに作る特殊製法で、大容量なのにコンパクトなランドセルを実現しました。出っ張りがなくなることで外寸が小さくなったのはもちろん、これにより約50gの軽量化を達成。一部のモデルを除き、ほとんどのモデルに採用されています。

のび~るポケット

必要に応じて最大約5cmまで広がる小マチ(大ポケットの外側にあるポケット)です。大マチ幅13.5cmのモデルと、13cmモデルの一部に採用されています。荷物が少ないときは縮めておき、荷物が多くなったときだけ広げるという使い方をします。収納量を重視しつつ、通常はあまりランドセルを大きくしたくないというお子様に向いています。

チェストベルト

肩ひものズレを防止し、身体へのフィット感をアップさせるアイテムです。ランドセルを身体に密着させ、重心を身体に近づけます。さらにランドセルを持ち上げる効果もあるため、肩や背中、腰への負担を軽くしてくれます。「ぴったりつくので背負うのが楽になります。「きせかえふわりぃ」と「オーダーメイドランドセル」を除く全モデルで標準装備。別売りでも購入可能(2,000円  税別)。

価格帯
39,815円~60,000円(税抜)
保証・アフターケア
6年間の品質保証付き。通常使用での破損は無償修理。故意によるキズや破損に関しては有償修理となります。
協和の「ここが魅力」!
子供にとって本当に必要な機能は何か、どういう素材やデザインがふさわしいか。子供の目線でランドセルに必要な要素を徹底して吟味して設計・製造が行われているところが最大の魅力。そのため、大容量なのに軽く、丈夫で、使い勝手が良い。値段を押し上げる原因ともなる華美な要素も排除しているため、価格もリーズナブル。
会社概要
社名 株式会社 協和
本社 東京都千代田区東神田2-10-16
HP https://fuwarii.com/
TEL 03-6891-3111
(フリーダイヤル:0120-415-991)
店舗 ショールーム:東京都千代田区東神田2-10-1
受付時間 平日11~15時(要予約)
※その他店舗詳細はHPでご確認ください。

☆商品名や価格など、記載内容は2019年8月現在のものです。