Menu

わが子基準の「入学準備」

【モノの準備2】入学準備グッズを揃える前に注意したいこと

入学準備グッズ購入は入学説明会後。ただし…

小学校の入学準備というと、まず、ランドセルなど用意すべきさまざまなグッズのことを思い浮かべる方も多いと思います。

でも、入学のために必ず用意しなければならないものは、そんなに多くはありません。しかも通う学校によって違ってきます。ですから、年明けから2月ごろに行われる公立小学校の入学説明会に参加し、その内容を見てから用意したほうがいいでしょう。

説明会で用意してくださいと言われるものは、上履き、体操着、筆箱や筆記用具、防災頭巾や体操着袋などの袋物など。合計金額は、だいたい2万円(ランドセルを除く)ぐらいです。もちろん高級なものを買えばもっと高くなりますし、100均で揃えればもっと安くなります。

多くのママたちを悩ませるのは、それにかかるお金より、あらゆるものに名前をつける必要があることと、どれだけ手間をかけてあげるかということ。名札や名入れについては、さまざまな便利グッズが売られているので、ササッとすませる方法はいくらでもあります。

でも、布製の袋に刺繍糸で名前を縫い込んであげたいと思ったら、それなりに手間はかかるし、布製の袋自体を手作りしてあげたいと思えば、もっと手間がかかります。手作りでなくても、何か特定のものを選びたいと思えば、どこに売っているか、いくらかなど、リサーチに時間がかかることもあります。

結局、入学準備グッズに関する悩みって、小学校入学という大事な節目に親としてできる限り手をかけてあげたいと思う気持ちと、そうはいっても手間がかかるという本音との板挟みで、親が悩んでしまっているような面があると思います。

だからそれなりに手をかけてあげたいと思うのであれば、手作りならどれくらい手間と時間がかかるかとか、材料をどこに買いに行ったらいいかなどは、入学説明会より前に考えておいたほうがいいかもしれません。だいたいのところをがわかっていれば、実際に買ったり、手作りしたりするのは、入学説明会のあとで十分間に合うでしょう。また、子どもがどこかで見てきて、“あれがほしい”なんて言っている場合も、買える場所がわからないようなら、早めに調べておいたほいがいいですね。

周囲に惑わされず、わが家スタイルで準備しよう

ママたちを悩ませるもうひとつの要素が、ママ友情報や、幼稚園・保育園で子どもが聞いてきた「○○ちゃんのママは、□□してくれるんだって」情報。“うちはもっと簡単に考えていたけど、一緒に入学する○○ちゃんの家がそうだと、うちもやらなくてはいけないかしら?”などと考え始めると、単なるモノの準備が見栄も手伝って、大いなる悩みになっていきます。

他の家庭がどうしているかは気になって当然ですが、それは、あくまでも他の家庭のことです。家庭のかたちも、共働き、三世帯同居など、さまざまな個別の事情があります。同じ条件の家庭など、ひとつもないと言っていいでしょう。つまり、わが家にはわが家の事情があり、それにふさわしいわが家のスタイルがあるということ。わが家のスタイルとは、親子で、夫婦で、家族全員でいつのまにか根付いていたり、家族で見つけていくものだと思います。

愛情の注ぎ方も手間のかけ方も、わが家のスタイルを大事にしましょう。もちろん他の家庭のアイデアで、いいなと思ったことは参考にさせてもらうといいですが、それに振り回されることだけは避けてください。親が毅然としてわが家のスタイルを実践すれば、子どもにもその気持ちは通じるはずです。逆に、親がいつも、「○○ちゃんちは、□□なんだって」に影響されてやることを変えていると、子どもはそうするのが自然なんだと思ってしまいます。

家庭によって事情が異なり、子どもの性格も親の性格もすべて異なるのだから、周囲に振り回されることなく、わが家スタイルの方針で入学の準備を――このことは、実は、入学説明会で要請される入学準備グッズ以外の入学関連アイテムを考える際に、より大きな影響を及ぼします。

たとえば学習机、ランドセルラック、本棚など。もしかしたら子ども部屋のリフォームを考えている家庭もあるかもしれません。また、入学式に着るフォーマルウエアのことが気になる方も多いでしょう。これらは絶対に必要ではないけれど、大きなお金が動きます。それに親子間、夫婦間、ときには祖父母の意見も入って、どうすべきか揉める可能性もあります。こうしなければならないという決まりがないからこそ、迷ってしまうのです。

次回は、こうした、絶対必要ではないけれど、買ってあげたほうがいいかもしれないと思う入学準備アイテムについてのお話をします。

2019/09/16

No1:ランドセル購入は焦る必要はありません!
coming soon
わが子基準の「入学準備」トップに戻る