Menu

わが子基準の「入学準備」

【子どもの準備2】何よりも大事なのは、早寝・早起き・朝ごはん

規則正しい生活をおくっていますか?

毎朝、だいたい同じ時刻に起きて朝ごはんを食べ、3食きちんと食べ、夜は早めに眠りにつく――。これがほぼ毎日行われ、生活のリズムが保たれていることは、子どもの場合、大人とは比べものにならないほど重要です。

体の成長にいいというだけでなく、心の成長と安定、それに地頭をよくすることにも大きく影響していることが、さまざまな研究・調査からわかってきました。集中できない、学力が伸びない原因が、不規則な生活にあるケースは決して少なくないのです。

ですから、子どもの入学準備でもっとも大事なことは、「早寝・早起き・朝ごはん」です。つまり規則正しい生活習慣を身につけること。これが、親の最大の役割と言ってもいいかもしれません。

とはいえ、仕事や家業、その他の事情で、大人だけでなく子どもも不規則な生活になりがちなご家庭もあると思います。うちがそうだ…と思われたら、小学校入学を機会にどうやったら改善できるか、本気になって検討してください。ひらがなが読めない・数が数えられないといった悩みはいつのまにか解決しますが、不規則な生活が子どもにもたらす影響は、ずっとずっと尾を引いていきます。

生活のリズムを変更するのは、とても大変なことです。明日から変えようと決心しても、そう簡単にできるものではありません。望ましいのは、家族全員が「早寝・早起き・朝ごはん」を習慣にすることですが、家庭の事情でできにくい場合、せめて子どもだけでもと考えて、できることから少しずつ改善していくのがいいと思います。

朝ごはんを抜くと成績が下がる

たとえば、同じ子でも、朝ごはんを抜くと成績が1~2割成績が下がります。おにぎりだけよりおかずのある朝ごはんのほうが脳が活性化し、食事中に親との会話が多い子のほうが脳の機能が高いなどといったことも、脳科学者によって証明されています。→コチラ

また、小1を対象にした調査では、就寝時間が不規則だと問題行動を起こす確率が高くなる、小6を対象にした調査では、保護者が「子どもを決まった時刻に起こすようにしている」家庭の子どもは全国学力テストの正答率が高いなど、さまざまな報告があります。

さらに、中学受験指導の塾講師や家庭教師も、小学生のうちは睡眠を犠牲にした長時間の勉強は逆効果ということをはっきり言っています。

「早寝早起き朝ごはん」国民運動というものがあります。文部科学省が、多くの企業・団体・個人と連携して推進し、さまざまなパンフレットも作られています。社会全体に個人主義が浸透して夜更かし気味になったことの副作用を一手に引き受けているのが子どもたちだ、という認識が多くの人々によって共有されているのです。

PC向けのサイトですが、スマホを横にすれば見られるので、ぜひチェックしてみてください。→コチラ

2019/06/24

No1:小学校まで親子で歩いてみよう!
No3:親子で「読み聞かせ」を習慣にしましょう

わが子基準の「入学準備」トップに戻る