Menu

ランドセルQ&A

横長の「横型ランドセル」がいいんですが・・・

横長タイプのランドセルは個性的で、人気を呼んでいるようです。横型ランドセルは、大判のプリントなどを入れやすいし、中に入れたものが見やすく、取り出しやすいなど、いくつものメリットがあります。下の写真は一般的な縦長のランドセルと横長タイプを比べたものですが、確かに人と違ったものを持たせたいというご家庭にはぴったりかもしれませんね。でも、それは、あくまでも大人の目線で考えたときのこと。

毎日使う子供の立場に立って考えると、横長ランドセルのデメリットが無視できません。縦横のサイズが通常のランドセルと違うため、学校のロッカーに入れにくかったり、入れられてもはみ出すことが考えられます。教科書やノートを横に入れるので、曲がることもあるようです。また、特に低学年のときは、体から横にはみ出す部分が多いので、背負ったときに、子供がフラフラしやすくもなります。

何よりも注意しなくてはならないことは、歩いているときに人や自転車、自動車などにはみ出した部分が引っかかる危険性があることです。

こうした理由から、学校によっては禁止しているところもあるようですし、ランドセルメーカーや販売店でも、積極的におすすめしているところは少数。販売されているランドセルの種類も少ないので選択肢が狭いということも考えておく必要があります。

最終的にはご両親の判断ですが、大人の好みで選ぶのではなく、子供の目線でメリット、デメリットをよく比較してから選ぶようにしたほうがいいでしょう。

外国製の個性的ランドセルはどうでしょうか?
個性的なランドセルにはどんなものがある?
Q&A一覧に戻る