ランドセルの購入はこちら

Menu

3000人アンケート「全国の人気ランドセル」実態調査

【関東】人気のランドセルブランドと色(カラー)

どんなランドセルを買いましたか?

ランドセルの販売チャンネルは、年々増えています。メーカーや工房系のブランドだけではなく、デパートや大手量販店がメーカーに委託して製作したオリジナルブランドも人気です。また、手縫いやキャラクターブランドを売りにしているランドセルもあります。関東では、どのようなランドセルが人気なのでしょうか。現在、小学生のお子さんをお持ちの親御さんに、ランドセルのブランドや特徴について、複数回答で答えてもらいました。

1位=有名ランドセルメーカー(45.3%)、2位=工房系(28.3%)、3位=量販店オリジナル(24.7%)、4位=デパートオリジナル(16.5%)。やはり、全国的に名の通っているメーカーや販売店の製品が強いことがよくわかります。

しかし、興味深いのは「手作り・手縫い」と「ファッションブランド」という特徴を持ったランドセルを選んでいる人が10%以上もいること。しかも、外国製のランドセルが6.6%と健闘しています。これは関東地域に特有の傾向かもしれません。

※回答数=801名

メーカー・ブランド 人気ランキング

「天使のはね」のセイバン(21.2%)がダントツで1位、「フィットちゃん」のハシモトと「ふわりぃ」の協和が9.5%、オリジナルブランドの「かるすぽ」を販売するイオンも9.5%です。ランドセルの大手御三家で約50%、イオンを含めるとランキング上位4位で6割近いシェアになります。

5位に入ったのは工房系で超有名な土屋鞄(7.7%)です。以下、デパートオリジナル(3.7%)、ニトリ(3.5%)、神田屋(2.7%)、静岡県の池田屋(2.4%)、イトーヨーカドー(2.4%)、中村鞄製作所(1.6%)と続きます。

東京のランドセル調査でも、土屋鞄はセイバンに続く2位でしたが、関東地方全体でみても土屋鞄の人気は相当に高いようです。

※回答数=801名

ランドセルの色は?

関東地方のランドセルカラー人気ランキングです。やはり、男子では黒と紺などのブルー系の色が、女子ではレッド、ピンク、パープル、ブラウンが人気。この6つの系統の色で95%以上になります。

かなり保守的な選択をしているように感じるかも知れませんが、実は、各色ともに、明るいものやダークな色調のもの、パール系などキラキラ要素をとりいれたカラーなど、実に豊富なバリエーションが用意されています。中には、同じパープルやピンクでも、かなり個性的なものもあります。カラーの選択肢は増えているのです。

なお、このグラフの数字は男女一緒に集計したもの。男女別のランキングは別途、ページをあらためてご報告します。

※回答数=801名

ランドセルを買ったお店はどこ?

ランドセルの購入店を尋ねたところ、スーパー・量販店(22.7%)、デパート(21.2%)、ランドセル専門店(19.6%)が上位3位。以下、ネット通販(12.0%)、メーカー直販(10.2%)、鞄店(9.4%)と続きます。

ランドセル販売では、ネット通販やメーカー直販の比率が増えていると言われています。関東地方の調査結果をみると、スーパー・量販店やデパート、専門店で購入するケースがまだまだ多いですが、ネット通販とメーカー直販が徐々に増えつつあることを感じます。

ランドセルの合同展示会(1.4%)やメーカー単独の展示会(1.1%)も盛んに行われていますが、実際に購入した人は、まだそれほど多くはありません。展示会で実物を見て、ネットで注文する人が多いのではないでしょうか。

※回答数=801名

ランドセルの素材

クラリーノ(34.6%)とクラリーノ以外の人工皮革(10.4%)で約45%。現在のランドセルは、その7~8割は人工皮革製と言われており、ずいぶんと少ないようですが、実は「わからない」が26.2%もあります。本革製のランドセルを購入する人は意識して選んでいるでしょうから、おそらく「わからない」と回答した人の大部分は、人工皮革製を選んでいるとみていいでしょう。

天然皮革は、牛革(22.8%)とコードバン(5.0%)を合わせて約28%。ランドセルナビが東京で行った調査では3割を超えていましたが、それに匹敵する数字です。試しに「わからない」を除いて比率を調べると、天然皮革は約37%になります。実際にはここまで高くはないでしょうが、東京を中心とする関東地方は、天然皮革製ランドセルの比率が他の地域よりも高いと言えるのではないでしょうか。なお本革製は20%程度と言われてきましたが、全国的にも増加傾向にあるようです。

※回答数=801名

ランドセルのスタイルとデザイン

購入したランドセルのスタイルやデザインの特徴などを、複数回答で聞いてみました。

まずランドセルのかたち。一般的な縦型のランドセル、いわゆる学習院型が79.5%と圧倒的な人気です。学習院型の派生形であるキューブ型は12.4%でした。

横型(8.8%)や半カブセ(8.6%)など、伝統的なスタイルを脱したデザインのランドセルも、それほど多くはありません。キューブ型も含めた、全カブセ、縦型というスタイルが圧倒的に好まれているのでしょう。

ただし、本当に昔ながらの単色を選んだという人は16.2%。多くの人は、カブセのフチやステッチに差し色を入れたり(19.2%)、刺繍入り(19.9%)を選んだり、パールカラー(10.1%)にしたりしています。名入れは11.2%の人が利用。スワロフスキーやチャーム、リボンなど、ワンポイントで個性を主張したランドセルを選ぶ人が多いのでしょう。

※回答数=801名


※このアンケートは多くの著名企業が活用しているネットリサーチ「Fastask」を使い、2019年11月に実施しました。全国の4歳から小学6年生のお子さまをお持ちの約3100名を対象にアンケートを送付、2405名から回答を得ました。

3000人アンケート調査報告 もくじに戻る