Menu

ランドセル製造・ブランドの特徴

ランドセル工房生田の特徴

大阪の小さな工房が作る本革、A4フラットファイル対応のランドセル。とても人気が高く、7月のうちに完売になるほど。手入れが楽な撥水加工を施した本革を採用し、肩ベルトの取り付け部など要所要所を手縫いする他、型崩れを防ぐ芯材を大マチに縫い込み、耐久性を高めています。肩ベルトは耐久性の高い一枚革で、背カンは左右にスライドするタイプ。

また、背当てや肩ベルトの内側には、吸湿性に優れたソフト牛革を採用。内側は総内張りで汚れを落としやすく、大ポケットの底には縫製した底板を入れてあるので、いっそう丈夫になっています。

ポケットの側面が蛇腹のようになっており収納力は抜群。前ポケットは大きく開閉するタイプで物の出し入れがしやすく、ポケット内には鍵用のフックも。

セレクトオーダーにも対応。5つのベースデザインの中からひとつを選び、表革のカラーや縁取りテープの色、内装のデザイン、ステッチの糸、背当ての色、鋲や金具の色などを選択します。かなり個性的なデザインを作ることができます。

鞄工房山本と同じく、カブセの縁をテープで巻く一般的なタイプではなく、コバ塗りで仕上げるタイプもあります。シャープな印象のランドセルです。