Menu

わが子基準の「入学準備」

【子どもの準備4】時計が読めると自立が進みます

家にアナログ時計はありますか?

子どもが時計が読めるようになる時期は、3歳ぐらいから学校で教わる1、2年生ぐらいまでと、だいぶ個人差があります。最終的にはみんな時計が読めるようになるのだから、何も急いで覚えなければならないということはありませんが、もしまだ時計を見る習慣がついていないのなら、入学準備のひとつとして、時計の読み方を教えておくのは、いい選択だと思います。

家の中の時計がデジタル時計だけであれば、ぜひアナログ時計を用意してください。文字盤に1から12までの数字があって、長針、短針とともに秒針もあり、1分ごとの目盛りがついているものが理想的です。

なぜ、アナログ時計がいいかといえば、デジタル時計は現在の時刻しか教えてくれませんが、アナログ時計は時間の経過を針の動きによって教えてくれるからです。どのくらい時間がたったのか、あとどれくらい時間があるのかなど、今この瞬間と、過去・未来とのつながりを視覚化することができるのです。

「さあ、これから時計を読むお勉強をしましょう」などといった形で教えるのはやめましょう。子どもが時計に関心を持ったときに、「今、1時30分ね。あと、30分したらお出かけよ」みたいに、生活の中でそれとなく教えてあげましょう。

秒針があれば、「あの細い針が一周したら1分たったことになるのよ」と説明してみたり、「細い針が一周したら長い針がひとつ動いたでしょ。長い針は1分たつごとに動くの」というふうに話しかけていくと、子どもは時間というものに興味を持ってくれると思います。

時間を知ることで、自立が進む

時計を読むためには、1~12までの数字を知ることから始まって、60秒が1分、60分が1時間と、さまざまな知識を身につける必要があります。しかも、それが毎日の生活と密接に結びついているという理解も必要です。

ですから一度にすべてを教えるよりは、「1分でどれだけお片付けできるかな」とか「○時から好きなテレビ番組でしょ。あと10分しかないわよ。その前に…」というふうに生活の中で、少しずつ理解を深めるようにしてあげてください。そうすることで、時間の経過と自分の生活とが結びついていきます。それに生活と結びついた知識は、確実に身につきます。

中には、時計そのものに強い興味を抱く子どももいます。そんなときは、時計のしくみや時間について描かれている絵本や図鑑、あるいはその子専用の置き時計や腕時計をプレゼントしてあげるといいでしょう。そうなれば、大人が教えなくても、どんどん知識を吸収していくのが子どもです。時計に対する興味がきっかけで、機械のしくみや動きに関心が高まりエンジニアへの道を進むかもしれませんね。

幼児期、子どもたちは○時に起きて朝ごはんを食べ、○時に家を出て幼稚園に行く…という毎日の時間割を、親や先生から促されて受け身にやってきました。しかし時計が読めるようになれば、自分で、あと○分ある、急がないといけない、たっぷり時間があるといったことを判断して、行動できるようになります。これは、人間の自立のプロセスの中でも、きわめて大きいステップアップです。

また、幼稚園・保育園と小学校の大きな違いのひとつは集団行動です。集団行動は、同じ時間割を共有することでもあります。何時になったらみんなと一緒に○○をする、そのためには…、そんな意識が心の中に芽生えることで、子どもは自分自身をコントロールすることができるようになります。そしてその結果、小学校生活になじんでいくプロセスもスムーズなものになるでしょう。


No3:親子で「読み聞かせ」を習慣にしましょう
No5:就学時健康診断で学校を観察!
わが子基準の「入学準備」トップに戻る