ランドセルの購入はこちら

Menu

わが子基準の「入学準備」

【親の心の準備7】入学前から先生とPTAが不安なママへ

悪い話は広がりやすい。実際は違うかも

小学校入学はうれしいけれど、PTAや先生との関係に不安に感じているママは少なくないようです。よくない噂を聞いたことがあるからでしょう。噂って多くが悪い話、いい話は噂になりにくいというのが世の常です。

素晴らしい先生やうまくいっているPTAの話も、たくさんあります。でもなぜかそういういい話は、直接体験した人の間だけでとどまっていることが多いのです。最初は不安だったけどPTAの役員になってよかった、と思っている先輩ママが、実はたくさんいます。

ランドセルナビは、子どもの入学につきものの新しい大人の関係について、先輩ママや先生経験者に直接お話を聞いてみました。

軽量&高品質ランドセル一覧

1200g以下の丈夫で軽く背負いやすいランドセルです

忙しい先生たち。困った先生にはどう対処?

《現役小学校教師Aさん》
先生も人間ですから、中には困った先生もいます。それに最近は心を病んでしまう先生も多いのが現実です。保護者の方は、当然いい先生にあたってほしいと思うでしょうが、こればかりは「運」。でも、先生とのつきあいってそんなに長いものではありません。6年間ずっと困った先生ということは、まずないでしょう。運が悪いときは、その先生との関係が、どうすれば子どもに悪影響を与えないかについて考えていただければと思います。周囲の先生方も、黙ってそんな配慮をしているはずです。

《元小学校教師Bさん》
今の先生はすごく忙しいということ、保護者の方には理解していただきたいですね。仕事のメインは教えることでも、そのための準備、保護者への対応、トラブルへの対処、教育委員会からおりてくる仕事など、すべて全力でやったら体が持たないのが現状です。
私も、複数の保護者から同時に苦情が届いたときなど、いつ寝たらいいの? 体がふたつあったら…などと思ったものです。それでも子どもたちのことを、何よりも優先したいと思っている先生が大半です。

《元小学校教師Cさん》
保護者の方に、最低限これだけはお願いしたいと思うことは、担任が問題のある先生でも、子どもにそのことをはっきり言うのは避けていただきたいということです。子どもにもよくない影響が出てしまうからです。保護者も周囲の先生も皆、問題があると思っているようなら、大人が黙っていても子どもたちにも自然と伝わっています。とはいえ今すぐ消えてもらうことはできない…というのが大人の事情。それも含めて、子どもたちはわかってくれます。
逆に親が、あの先生はダメと子どもにはっきり言うと、子どもの心が荒れてきて状況がさらに悪化してしまうことが多いんです。言ってもわからないのが問題のある先生ですからね。申し訳ないことですが、ぜひよろしくお願いいたします。

大人の人間関係ができると子どもにもメリットが

《PTA役員経験者Dさん》
長女の小学校でPTA役員をやったのはとてもいい思い出です。入学前は、PTAは大変と聞いていたしフルタイムで働いていたので、絶対にやりたくないと思っていました。でも3年生のとき、PTA役員の方の娘さんとうちの子が仲良しだったせいで、「やってみない?」とすすめられて、思いきって役員になったんです。
すると担任だけでなくいろいろな先生と親しくなれて、教育面でもいろんなアドバイスをいただくことができました。地域の名士の方とも知り合いになれました。学校や地元の方と知り合いになっていると、子どもにもすごくメリットがあるとわかったんです。私自身も、結婚後に住み始めた土地でいい人間関係がたくさんできて、ありがたいと思っています。

《PTA役員経験者Eさん》
PTAの煩わしさって、人間関係の煩わしさです。だからコミュニケーションが苦手という人はやっぱりいやでしょう。でも、社会って人間関係で成り立っているものでしょ。それに小学生になった子どもは、そういう人間関係のスタート地点に立っているのですよ。親のほうがそれから逃げてどうする?って言いたい面はありますね。もちろん家庭の事情でできないという人もいるだろうから、全員PTA活動をやるべきとは言いません。でも煩わしさの反面、良さも確かにあるんです。こればかりはやってみないとわかりません。

《PTA会長経験者Fさん》
PTAっていうのはボランディアです。PTAは、Parent-Teacher Associationの略。子どもたちのために活動する先生と保護者のボランティア団体なんです。活動範囲や役員の選び方は地域や学校ごとに違います。私は娘の入学前に活動内容をチェックして加入することにしました。加入だけだったら会費を払うだけ。でも役員や委員になって活動したほうが得な気がして通算で4年間やってしまいました。忙しい、面倒と思ったこともありますが、おかげで人間的に成長できた気がしています。

《PTAに入らなかったGさん》
子どもが入学したら保護者は皆PTAに入らないといけないの?と思って調べてみたら、決してそうではなかったんですね。入会の原則は自由意志なんです。そのことをママ友に話したら、でもやっぱりほとんどの人が入るんだからと、私以外は皆PTAに入りました。確かに「入りません」って申し入れるときは緊張しましたけど、その後はとくに何の支障もなく6年間が過ぎていきました。所によって事情は違うでしょうから、参考にならないかもしれませんけれど。

親も一年生気分のプラス思考で

先生、PTA、他の保護者との関係は、子どもが主役でありながら、子どもを介さずに大人同士が接する人間関係です。子どものためにも悪い噂や否定的な話だけに流されずに、できるだけフラットな気持ちで臨んでみるのがいいと思います。

その際、先生に対しては、親子は1対1だけど、先生と生徒は、1対多数だから、親と同じようにていねいにみてくれるわけではないという現実をしっかりわきまえておきたいですね。

また、PTAに対しては、実際にどんな活動をしているのかを聞いたうえで、その中で自分にできることがあったら、やってみようというプラス思考で臨むのがいいのではないかと思います。話を聞く前から逃げようとするのはやめましょう。話を聞いてできそうになければ、かくかくしかじかと理由を言って勇気を出してお断りすればいいのです。そして、できないときは、やってくれている人たちへの感謝の気持ちを忘れないこと。これが大事なのではないでしょうか?

小学校入学という、わが子の成長を祝うべき大イベントを前に、マイナス思考は厳禁です。先入観に振り回されず、あなたスタイルのポジティブ志向で、新しい人間関係を発見してみてください。


No6:友達ができるか不安なら「笑顔で挨拶作戦」
No8:小学校入学前の学校説明会は、とても大事です
わが子基準の「入学準備」トップに戻る