Menu

わが子基準の「入学準備」

【親の心の準備7】入学前から先生とPTAが不安なママへ

噂は悪い話のほうが広がるもの。実情は違うかも

わが子の小学校入学についてくる大人の人間関係で、PTAや先生との付き合い方に不安を感じているママは多いでしょう。PTAに関しても、学校の先生に関しても、巷間あまりいい話は聞きませんから、素敵な人と知り合えそう!なんてワクワクとはほど遠い気持ちになっても、ある意味しかたがないかもしれません。

でも、ちょっと待って! 噂になる話というのは、学校関係に限らずあまりいい話はありません。「悪事千里を走る」のことわざ通り、スキャンダルとか悪い話はあっという間に無関係な人にまで知れ渡りますが、素晴らしい先生やうまくいっている取り組みなどは、直に体験した人たちの間だけでとどまっていることが多いのです。

ですから、小学校に関する噂も、ある程度参考にはしても、完全に鵜呑みにするわけにはいきません。わが子が入学する学校や先生に関する悪い噂は、話半分に聞いておいたほうがいいということを、まず最初にお伝えしておきたいと思います。

さて、そのうえで、子どもの入学につきものの新しい人間関係について、どんな心構えでいればいいのか、先輩ママや先生経験者の声を聞いてみましょう。

先生はいつも忙しい。実情を理解しておこう

《現役小学校教師Aさん》
先生も人間ですから、困った先生もいれば、心から尊敬できる先生もいます。保護者の方は当然、いい先生に教えてほしいと思いますよね。でも、こればかりは「運」。運が悪いこともあると思います。でも、先生との付き合いはそんなに長いものではありません。6年間ずっと運が悪いということはまずないでしょう。運が悪いときは、先生との関係がお子さんに悪い影響を与えないように心がけて、大過なく過ごされることをおすすめいたします。保護者と先生の関係も、いわゆる人間関係。互いに相手の立場を思いやることが必要なのだと思います。

《元小学校教師Bさん》
保護者の方にわかってもらいたいのは、今どきの先生はすごく忙しいということです。仕事のメインは教えることですが、そのための準備はもちろん、保護者への対応、トラブルへの対処、教育委員会から降りてくる仕事など、すべて全力でやったら体が持たないとというのが現状です。
私も、複数の保護者から同時に苦情が届いたときなど、いつ寝たらいいの? 体がふたつあったら…などと思ったものです。それでも子どもたちのことは何よりも優先したいと思っている先生が大半なのですよ。このことだけは、すべての保護者の方に理解していただきたいですね。

大人の人間関係ができると子どもにもメリットが

《PTA会長経験者Cさん》
PTAとは、Parent-Teacher Associationの略で、子どもの親と先生の団体です。PTAの活動の主旨は、すべて生徒のためのボランティアです。先生は勉強を教えることが主な仕事ですが、子どもがスムーズに学校生活を送るためには周辺でサポートをする必要があります。それを受け持つのがPTAで、運動会などの行事のお手伝いや防犯パトロールなどがあります。
具体的な活動内容やPTAの役員の選出方法などは学校ごとに違いますから、最初に説明を受けて、ご自身が「できることをやる」という姿勢で臨まれればいいのです。家庭や仕事を犠牲にしてまでボランティアをやる必要はありません。でも、少しでも余裕があったら、PTAにぜひご協力いただきたいですね。

《PTA役員経験者Dさん》
長女の小学校でPTA役員をやったのはとてもいい思い出です。入学前は、PTAは大変と聞いていたしフルタイムで働いていたので、絶対にやりたくないと思っていました。でも、3年生のとき、仕事が少し楽になって、ちょうどPTA役員の方の娘さんとうちの子が仲良しだったせいで、「やってみない?」とすすめられて役員になったんです。
すると担任だけでなくいろいろな先生と親しくなれて、教育面でもいろんなアドバイスをいただくことができました。地域の名士の方とも知り合いになれました。先生や地域の方々と知り合いになっていると、子どもにもすごくメリットがあるとわかったんです。私自身も、結婚後に住み始めた土地でいい人間関係がたくさんできて、ありがたいと思っています。

《PTA役員経験者Eさん》
PTAの煩わしさって、言ってみれば人間関係の煩わしさです。だからコミュニケーションが苦手という人はやっぱりいやでしょう。でも、社会って人間関係で成り立っているものでしょ。それに小学生になった子どもは、そういう人間関係のスタート地点に立っているのですよ。親のほうがそれから逃げてどうする?って言いたい面はありますね。もちろん家庭の事情でできないという人もいるだろうから、全員PTA活動をやるべきとは言いません。でも煩わしさの反対側には、良さも確かにあるんです。こればかりはやってみないとわかりません。

親もピッカピカの一年生気分でポジティブに

いかがでしょうか? どれも納得できるメッセージではないでしょうか。先生とPTA(他の保護者との関係)は、どちらも子どもが主役でありながら、子どもを介さずに大人同士が接する人間関係です。子どものためにも、入学前に聞いた悪い噂や否定的な話に惑わされず、できるだけフラットな気持ちで臨んでみるのがいちばんだと思います。

その際、先生に対しては、親子は1対1だけど、先生と生徒は、1対多数だから、親と同じようにていねいにみてくれるわけではないという現実をしっかりわきまえておきたいですね。

また、PTAに対しては、実際にどんな活動をしているのかを聞いたうえで、その中で自分にできることがあったら、やってみようというプラス志向で臨むのがいいのではないかと思います。話を聞く前から逃げようとするのはやめましょう。話を聞いてできそうになければ、かくかくしかじかと理由を言って勇気を出してお断りすればいいのです。そして、できないときは、やってくれている人たちへの感謝の気持ちを忘れないこと。これが大事なのではないでしょうか?

小学校入学という、わが子の成長を祝うべき大イベントを前に、マイナス思考は厳禁です。先入観に振り回されず、あなたスタイルのポジティブ志向で、新しい人間関係を発見してみてください。

2019/11/25

No6:友達ができるか不安なら「笑顔で挨拶作戦」
coming soon
わが子基準の「入学準備」トップに戻る