Menu

わが子基準の「入学準備」

【子どもの準備5】就学時健診で、学校を観察しよう!

入学前年に実施される健康診断

公立小学校で入学前年の秋に実施される「就学時健診」。その名のとおり入学する子どもの健康診断を行うもので、秋に入ると、来年入学する子どもがいる家庭に、受診の日時、場所等を記載した「就学時健診のお知らせ」が届きます。通常、通う予定の小学校で行われるので、上の子どもがいない場合、初めて親子で小学校に足を踏み入れるいい機会でもあります。

まず、就学時健診について。自治体から届く「お知らせ」には、主な病歴や予防接種歴を記入する書類やアンケートが同封されている場合があります。病歴などは母子健康手帳を出してきて、正確に記入しましょう。また、念のため健診当日も母子健康手帳を持参すると安心です。

健康診断は、身長体重、視力や歯の検査、内科による健康状態の確認といった一般的なものですが、内容ややり方は各自治体によって異なります。親子で出かけますが、ずっと親がつきそうところもあれば、親は待機していて、子どもは6年生などにつきそわれて健診を受けるといった形もあるようです。

指定された日時が都合が悪い、子どもの健康状態(アレルギーなど)や発育に関して心配なことがある場合などは、事前に自治体のホームページを見て対応がどうなっているか調べたり、電話で問い合わせておくとよいと思います。

うっかり忘れやすいのは、親子の上履きやスリッパです。持って行く必要のある書類などとともに、前日のうちに準備しておきましょう。そして、健診当日は、まず親が平常心でいることが大事。親が緊張してしまうと、それが子どもに伝染して、いつもは問題なくできることができなくなるからです。

小学校を観察して入学準備に役立てる

先に書いたように、「就学前健診」は、小学校の内部を知る絶好の機会です。親子で小学校を観察することを、もうひとつの目的にしておきましょう。

子どもには、あらかじめ「来年から通う小学校に行くんだよ」「どんなところかな」「小学生ってどんな人たちかな」などと声をかけて、緊張をほぐし、ワクワク感を高めてあげておくとよいと思います。緊張しやすいお子さまなら、どんな健診を受けるのか、小児科での診察の体験を例に説明しておくのもいい方法です。ひとりで上着の脱ぎ着するのが上手でないようなら、少し練習しておいてもいいですね。

そして親としては、以下の項目を調べておくと、入学準備の参考になります。
・トイレは和式か洋式か
・ランドセルを入れるロッカーの形や大きさ
・上履きや体操服はどんなものか、指定があるのか、名前の書き方は?
・低学年の持ち物の量。ランドセル以外に何か持っているか、手作りのものはあるか

そのうえで、黒板や机、イスなど教室の様子や、飾ってある生徒たちの作品など、親子で小学校の雰囲気を味わっておきましょう。子どもが興味を示したら、「あなたもイスに座って、机に教科書とノートを置いて勉強するのよ」「先生が黒板に大事なことを書いてくれるの」などと説明すると、入学への期待感が高まってくるでしょう。

逆に、何かよくない印象を受けた場合は、いったんは親の心の中にとどめておきましょう。子どもは親のそんな反応にとても敏感ですから、期待感がいっぺんに崩れてしまいかねません。通う予定の小学校に関する悪い印象や噂は、大人の世界だけで情報収集し、解決策や対応法を探りましょう。そして、子どもには、もうすぐ楽しい入学式が待っているというワクワク感をたっぷり味わってもらうようにしてください。

2019/09/04

No4:時計が読めると自立が進みます
No6:小学校入学までに身につけるべき生活習慣とは?
わが子基準の「入学準備」トップに戻る