Menu

わが子基準の「入学準備」

【親の心の準備3】わが子が勉強についていけるか不安なママへ

勉強の中身の心配は入学後で十分

うちの子、小学校に入って勉強についていけるかしら?と不安になっているママはいますか? それほど多くはないと思いますが、同い年の友達より成長が遅いと感じていたりすると、心配になってしまうかもしれません。

でも心配しないで、大丈夫です。この時期の子どもの成長には個人差が大きいから、他の子と比べてもあまり意味はありませんし、この時期の子どもはいったんある方向に成長を始めると大人には想像もつかない早さで伸びていくものです。それは、誕生からのこれまでのわが子を見てきたママなら、よ~くわかっていますよね。

それに、多くの子どもたちを見ている小学校の先生たちは、自分の子しか見ていない親より、子どもたちの成長についてさまざまな知識をお持ちです。1年生の段階で成績の善し悪しを問題にしてもあまり意味がないこともよくご存じです。

それより大切なのは、子どもが、これからの長い学業生活をできるだけスムーズに楽しくスタートさせられるようにすること。そのためのさまざまな配慮や工夫をしてくれるのが新一年生を迎える先生たちです。ですから、勉強の中身に関しては、まずは先生にお任せ、というか、入学後の先生とのやりとりの中で考えていくことにしましょう。

 

勉強=いやなもの、にしないことが親の役割

ただ、ひとつだけ、親として気をつけておきたいことがあります。

それは、「勉強はいやなもの」という先入観を植え付けないことです。もしママ自身に、「勉強やいやなもの」という固定観念があるとしたら、いつのまにか、それがわが子にも伝染しているかもしれません。それについては、よ~くご自身を点検してみてください。

「幼稚園のうちは1日中遊んでてもいいけど、小学校に入ったらちゃんと勉強しないといけないんだからね」と言っていませんか? こんな言い方をしたら、子どもは、これから始まる勉強が、「しないといけないもの」と思ってしまいます。ひいては小学校に入ること自体が楽しくなくなってしまいます。これだけは絶対に避けなければなりません。

入学してから始まる「勉強」が、ぜひ子どもにとって楽しいもの、ワクワクするようなことであるように、さまざまなお話をしてあげてください。

「勉強」とは、人生をより豊かな幸せなものにするために、さまざまな能力や知識を身につけることです。それがわかるようなお話をしてあげられるといいですね。

また、「勉強」とは、一定の時間落ち着いて人の話を聞くこと、何かに興味を持って覚えたり調べたり実験したりすること、そしてその結果を一定の時間をかけて書き表すことです。これらの作業の中に、現段階の子どもにはできそうにないと思われることもあるかもしれません。だとしたら、それらが苦痛なくできるようにしてあげることが、親の役割だと考えてください。

落ち着きがない子、人の話を聞けない子には、その子が聞きたくなるようなお話をしてあげるといいでしょう。好きなジャンルの本の読み聞かせはうってつけです。何事にも反応が鈍い子には、その子が好きなジャンル(アニメでもテレビ番組でも)について、「あなたはどっちが好き」などといって問いかけをしてあげることができます。

「面白い」「楽しい」「やってみたい」というプラスの感情に支配されているとき、人はとても効率的に学べるものです。大好きなアニメやキャラクターを覚える子どもの能力ときたら、大人にはついていけないほどですよね。

もし、ちらっとでも勉強についていけるかしらと不安になったら、勉強についても、そんなプラスの感情が抱けるような環境の整備をしてあげてください。

大人が楽しそうに本を読んでいたら、子どもも本を読みたいと思うでしょう。
大人が一生懸命お仕事している姿も見せてあげたいですね。
大好きなアニメやキャラの絵本もいいかもしれません。
大好きなキャラが入った未就学児用のドリルを用意してあげるのもいいかも。
博物館や科学館に行って、珍しいもの、すごいものを見るのも素敵です。

勉強に関する親の役割は、「勉強嫌いにしないこと」。そう断言して間違いありません。


No2:わが子の1年前を思い出してみよう
No4:多忙でマジメなママの落とし穴
わが子基準の「入学準備」トップに戻る