ランドセルの購入はこちら

Menu

わが子基準の「入学準備」

【モノの準備4】ランドセルラックはいつ買うべき?

片づけを身につけるのに効果的なものを

小学校入学前にランドセルラックを購入する家庭が多くなりました。リビング学習の普及で、学習机よりランドセルラックのほうが売れているのかもしれません。ネットの入学準備に関するページには、必ずと言っていいくらいランドセルラックの選び方や、おすすめのランドセルラック○選といった情報があります。でも、入学前に購入するのが本当にいいのでしょうか?

【親の心の準備5】で、「子ども用の家具を買う前に、子どもグッズをどう整理するか、子ども空間をどう作るかを考えたほうがいい」と書きましたが、ランドセルラックもあてはまります。ランドセルラックを買う前に、すでにある子どもの持ち物や衣類、これから増えていく学習用具などをどんなふうに整理するか、イメージしておきましょう。

子どものためのランドセルラックです。子どものものをまとめておくという役割だけでなく、子どもが自分で出し入れしたり、整理整頓する習慣を身につけるために効果的なものを選びたいですよね。そうなると、ランドセルラックの機能性・使い勝手だけでなく、どこに置くかということも大事な要素になります。

入学前にランドセルラックを購入するなら、候補の商品を選んだら、家のどこに置くか、ランドセルはどう置くか、その他のものは何と何を入れるのか、ワゴンタイプにするかどうかなど、親子でいろいろ話し合ってみましょう。そうすることで、ランドセルと同じく、お子さまの心に入学への期待が膨らんでいく、そのプロセスが大切です。

ただ成長度合いや性格によっては、入学前ではランドセルラックがピンとこないというお子さまも多いでしょう。自分のモノの出し入れや整理整頓の習慣がついていない子に、小学生になったんだから、これからは自分でやるのよと言っても、そう簡単にできるものではありません。

入学時点で、まだ自分の持ち物に関心を持っていない子(大好きなおもちゃやゲームは別として)の場合は、入学後一定期間の生活状態を見たうえで、家のどの場所にどのような専用の収納空間を作ってあげたらうまくいくかを考えたほうがいいような気がします。

本人が何がしかの関心を持ってから買ってあげるほうが、うまく使いこなせる可能性は高くなります。こういうときはこうすると簡単だね、このほうが忘れものが少なくなるね、といった使い方に関する会話を持ちながら、徐々に自分で出し入れしたり整理したりする習慣を身につけていく、そのためのランドセルラックであってほしいと思います。

子どもにあった高さ・頑丈さ・置き場

ランドセルラックでよくあるのは、いちばん上の棚にランドセルを置き、その下に棚や引き出しがあるタイプです。最近は多くのランドセルラックがワゴンタイプです。それに一般の収納家具やワゴンでも、ランドセルラックと同じように使えるものはたくさんあります。ニトリや無印良品の収納家具・ワゴンも人気です。

ただ、子どもが使うということを考えると、商品チェックの際に守っておきたいことがいくつかあります。

・ランドセルを置く棚が、子どもがランドセルを置いたり、教科書やノートを出し入れするのに適切な高さか、実際に子どもに触らせてみる。あるいは高さ調節ができるものを選ぶ。なお、ランドセルをフックにかけて収納するタイプは、かけたままでは出し入れできないので注意。
・何と何をしまうかを考えてから、商品の大きさや収納量を確認。通学用品だけか、おもちゃや絵本なども一緒にしまうのか。
・設置場所をあらかじめ考えておく。不明な場合は、キャスター付きのワゴンがおすすめ。
・棚や引き出しが細かく小さく分かれているモノは避けたほうが無難(成長するにつれて使い方が変わっていくのに対応できない可能性が高い)

というわけで、ランドセルラックを買うときは、子どもが自分で整理したり片づけたりするために、という視点で急がずじっくり選んでいただきたいと思います。


No3:学習机を買う?リビング学習がいい?
No5:入学品の名前付け。うんざりしない方法は?
わが子基準の「入学準備」トップに戻る