Menu

わが子基準の「入学準備」

【モノの準備4】ランドセルラックは入学前に買うべき?

リビング学習の人気でランドセルラックが必需品?

小学校入学前にランドセルラックを購入する家庭が多いようです。リビング学習の普及で、もしかしたら学習机よりランドセルラックのほうが売れているのかもしれません。ネットの入学準備に関連するページを見ていると、必ずと言っていいくらい、ランドセルラックの選び方や、おすすめのランドセルラック○選といった情報がのっています。なので、ここでは、そうしたページとはちょっと違った観点から、ランドセルラックについて考えてみることにします。

ランドセルラックは、家庭におけるランドセル置き場であり、ランドセルに付随するさまざまなアイテムを一緒にまとめて片づけられる収納家具です。よくあるのが、いちばん上にランドセルを置き、その下に棚や引き出しがあって、ランドセルとともに学校に持って行くものを整理してしまっておけるというタイプ。その機能だけを見てみれば、何もランドセルラックを名付けられている商品でなくても、適切な高さであれば代用できそうな収納や収納ワゴンがたくさんあります。

【親の心の準備5】で、「子ども用の家具を買う前に、子どもグッズをどう整理するか、子ども空間をどう作るかを考えたほうがいい」と書きましたが、ランドセルラックもこれにあてはまります。

小学校入学で増える教科書やノート、文房具、本などの学習系のモノと、すでにある絵本やおもちゃなどで、キッズアイテムの数は倍増の一途。一定の収納スペースを必要とするため、確かに子ども専用の収納空間は必要です。適当にあちらこちらにしまっていたら、毎日、あれはドコ?これはどうしたっけ?ということになりかねません。それに、自分のモノは自分で片づける習慣をつけるという意味でも、子ども専用の収納空間はあったほうがいいでしょう。

入学後の生活を見てから買ってもいいかも

ただ、ちょっと心配なのは、小学校入学前後の成長段階では、まだまだ個人差が大きく、自分のモノを自分で片づけることを楽しめる子もいれば、そういうことに全く関心を示さない子もいるということです。後者の子の場合、親がランドセルラックは入学準備の必需品と考えて買ってあげても、ランドセルはここに置くのよと言ってもまったく関心に示さず、いつも適当なところに適当に置いてしまうということがあるでしょう。

これは成長過程の一時期のことであり、またその子の個性でもありますから、何も心配することはありません。ただ、まだ自分の持ち物に関心を持っていない子(大好きなおもちゃやゲームは別として)の場合は、小学校に入学して一定期間の生活状態を見たうえで、家のどの場所にどのような専用の収納空間を作ってあげたらうまくいくかを考えてみたほうがいいような気がします。どんなものでも、本人が何がしかの関心を持ってから用意してあげるほうが、うまく使いこなせる可能性が高くなるからです。

もちろん中には幼稚園・保育園の段階から、自分の持ち物をきちんと整理してしまうことができるし、そうすることが楽しいという子もいます。そういう子の場合は、一緒にランドセルラックを買いにいこうか、どんなものがいいかしらね、などと話し合ってから決めるのがおすすめです。もちろん専用のランドセルラックでなくてもいいのです。大人用のモダンな収納家具やワゴンを一緒に見て、これならアソコに置けばいいねとか、この色は素敵、サイズはどうかななどといった親子会話で、家具に対するセンスを磨かれていくというものです。

子どもが出し入れできる高さと置き場所の確認を

ランドセルラックも学習机と同じように家の中に一定の空間を必要とする大物ですし、値段もそれなりにします。ですから、購入時には品質や価格だけでなく、わが家のどこにどのように置くか、その置き場は子どもにとって使いやすいかを確認しなければなりません。

そういう意味で気をつけたいポイントは、以下の通り。

・家具として作りがしっかりしていること。組み立て家具の場合、ガタが出ないように組み立てられること。
・ランドセルを置く棚が、子どもがランドセルを置いたり、教科書やノートを出し入れするのに適切な高さか実際に子どもに触らせてみる。そうでなければ高さ調節ができるものが便利。ランドセルをフックにかけて収納するタイプは、かけたままでは出し入れできないので注意。
・何と何をしまうかで大きさを選択。通学用品だけか、おもちゃや絵本なども一緒にしまうのか。
・設置場所をあらかじめ考えておく。不明な場合は、キャスター付きのワゴンがおすすめ。
・棚や引き出しが細かく小さく分かれているモノは避けたほうが無難(成長するにつれて使い方が変わっていくのに対応できない可能性が高い)

というわけで、ランドセルラックを買うときは、子どもが自分で整理したり片づけたりできるようになるためにいいものはどれか、という視点で選んでいただきたいと思います。


No3:入学前に学習机を買う?リビング学習?
No5:入学品の名前付け。悩まず楽しむ方法とは?
わが子基準の「入学準備」トップに戻る