ランドセルの購入はこちら

Menu

わが子基準の「入学準備」

【親の心の準備9】小学校の入学式に着る服を迷っている方へ

入学式の服装に決まりはある?

卒園式と小学校の入学式が近づいてくると、どんなファッションをしようか、新品がいいか? 子どもは?私は?と迷ってしまうママたち。楽しいお悩みならアドバイスなど余計なお世話ですが、ママ友との情報交換のなかで見栄のはりあいがエスカレートしちゃっているときは要注意。冷静になって、卒園式・入学式の服装のベーシックって何かなと考えてほしいのです。

卒園式・入学式は「式」、つまり儀式でありセレモニーです。冠婚葬祭の中では、「冠」の仲間。入学式は主役(新1年生)と親や教師などの関係者が一堂に会して、初めて学びの場に入ることを祝う儀式です。儀式の服装として大事なことは、「きちんとした服装であること」。これに尽きます。これ以外の決まりはありません(個別の学校ごとに決まりがある場合は別です)。

「きちんとした服装」の最大の条件は清潔さ

「きちんとした服装」に付け加えるならば、お祝いなので、晴れやかな服装を選ぶことでしょう(結婚式とお葬式の違い)。主役は新一年生なので、関係者はあくまでも主役をひきたてる装いに。といっても地味にするのではなく、春という季節柄もあるので晴れやかさを伴うシックな雰囲気がおすすめ。

さて、「きちんとした服装」の最低条件は「清潔さ」です。清潔であることはもちろん、清潔感を感じさせることも大事です。入学式用に親子とも新しい服を購入する方もいらっしゃいますが、入学式は何も新しい服でなくても、「きちんとした服装」であればいいのです。ジャージは「きちんとした服装」には入りません。くつろぐ時の服ですからね。

お子さまと「きちんとした服装」とはどういうものか、お互いのイメージを話し合ってみてはいかがでしょうか? そうすることで、入学式という初体験に臨むお子さまの心の中に、ある種の「けじめ」が生まれそうな気がします。

ファッション好きなママは、入学式の服にお金を使いすぎて、その後の教育的なアイテムを買う予算がなくなった…ということがないように気をつけてくださいね。

長く着られてコスパもGOODな小学校の入学式用子供服はこちら

子どもの靴は、わが家基準で対応

子どもの靴をどうしようか悩んでいる方も多いようです。子どもは革靴なんて履かないから買っても一度っきりで無駄と思うならば、ふだんも履けるような靴(スニーカーも可)の中で、きちんとした服装にもフィットするものを選ぶといいでしょう。その判断は、わが家基準で十分です。

「人は見た目が○割」と言われて久しいですが、この見た目は、必ずしも「目立つ」ほうがいいというわけではありません。入学式という式典にふさわしい「きちんとした服装」は、その人の品格を表します。入学式に向けては、服装のほかに、いろいろと用意しておくべきことが多々あります。それらのことをうっかり忘れて服装のことばかり気になっているようであれば、少し反省してみてください。

そして、入学までに身につけておきたいことや、準備しておくべき小物類などを、しっかりチェックしておいてくださいね。


No8:入学前の学校説明会は、とても大事です
わが子基準の「入学準備」トップに戻る